禅問答は意味不明?実は極限までわかりやすく説明している

禅問答(ゼンモンドウ)って何?  

どうしてあんなに意味不明なの?

そもそも何のためにやってるの?

世界的に市民権を得つつある禅(ZEN)は、ビジネス書などで取り上げられることもあり、禅問答に触れる人が飛躍的に増えました。

一方で、禅に興味を持ちつつも、その難しさから脱落する人が後を絶ちません。

そこで、禅の専門家でもなんでもない私ではありますが、その魅力を伝えてみようと思います。

禅問答とは何か?

まず禅問答とは何か?

ググるとこうあります。

「禅宗で、修行者が悟りを開くため、研究課題として与えられる問題。優れた修行者の言葉や事績から取られており、日常的思考を超えた世界に修行者を導くもの。」大辞林 第三版より

日常的思考を超えた世界に修行者を導くもの」とは一体なんでしょうか?

禅問答の目的はズバリ「悟るため」です。つまり禅問答とは、「悟り」=「日常的思考を超えた世界」に向かって、修行者を導くための過去問集のようなものです。

一種の面接試験のような修行方法で、師匠と弟子が1対1で対面し、問題を与えられます。その場で弟子が答えられなければ、また定期的に同じことを繰り返す、というスタイルです。

同じ問題に5~10年取り組むことも珍しくないという、現代人から見れば不思議な修行ではありますが、それもそのはず、禅問答には決まった答えがありません。

弟子が問題の意図を理解できていると示せれば、どんな解答でもOKです。

逆に他人の答えをパクってきただけであれば、どんな解答もNGとなります。

そこをちゃんと見抜ける人だけが、人に教える師匠役を担えるわけです。

だから弟子は死にもの狂いで答えを探します。

日夜それを考え続け、気が狂う寸前まで試行錯誤を続けて、ある種の臨界点を超えたところで、ようやく発見する。それが悟りなのだそうです。(私にはわかりません。)

日常的思考を超えた世界に修行者を導くもの」と説明された禅問答の意味が、なんとなく掴めましたでしょうか?

なぜ内容が意味不明なのか?

禅問答は非論理的であることが特徴であまりに荒唐無稽であることから、かみ合わない会話を「禅問答のようだ」と表現されることもあります。

内容が難解なため、よく意味不明だとかバカげていると言われますが、それは欠陥でもイジワルでもありません。弟子のための愛情です。

実のところ、極限までわかりやすく伝えられているからです。

余りにストレートな表現過ぎて、認識しづらいだけです。

どういうことかって?

禅問答の目的は悟りです。であるにもかかわらず、悟りとは言葉で説明できないものです。

したがって、禅問答は一種の悪あがきと言えます。

言葉では決して伝えられないけれど、何かしら表現しないと伝わらない・・というジレンマに対する挑戦です。

論理的に説明することも不可能ではないようですが、それでは逆効果になりがちです。

それっぽく納得した気にさせてしまい、肝心の部分は決して伝わらない、、ここが難解さの原因と伝えられています。(私には到底わかりません。)

では、禅問答の具体例をご紹介しましょう。

具体例1  南泉斬猫(なんせんざんみょう)

南泉(なんせん)という僧侶が、弟子の修行のために猫を殺した話(!)です。

~昔々、あるお寺でのこと~

お寺の東側に住む僧侶と西側に住む僧侶が、一匹の猫を巡ってケンカをしていた。

東の僧侶たち「この猫は私たちのものだ!」
西の僧侶たち「いや、私たちのペットとして飼うんだ!」
(猫の所有権で争ったのではなく、猫をめぐる小難しい議論をしていたとの説も)


その様子を南泉(なんせん。僧侶たちの師匠)は黙って見ていた。しかし、争いがいつまでも終わらないのを見ると、猫を捕まえてこう言った。

「おいみんな!禅の僧侶として、この場にふさわしい一言を発してみなさい。できなければ猫を切り殺すぞ!


僧侶たち「・・・。」

南泉は猫をぶった斬った。



その夜、趙州(じょうしゅう)という力のある弟子が用事から戻ってきた。南泉は彼に猫を斬った話を伝えると、趙州はぞうりを脱いで頭の上にかぶり、部屋を出て行った。

南泉は言った。 「もしお前があの時いれば、猫を斬らずに済んだのに..」


さぁ、あなたが趙州ならどう答えますか?
 

これが禅問答です。

意味不明ですね。

かわいそうなネコちゃん。

これのどこが修行なの?悟りと何の関係があるの?と思われるかもしれません。

しかし、禅問答はふざけているように見えて超マジメです。

そうでなければ、わざわざ猫を殺したりはしません。(実話かは不明ですが)

師匠は弟子を悟りに導くために、弟子は悟るために。それこそ人生をかけて取り組んでいます。

簡単な解説

殺された哀れな猫は、そもそも誰のものだったのでしょうか?

いやしくも悟りを目指す僧侶たちが、猫を巡ってケンカだなんて、、随分とアホな話です。

趙州はその話を聞くと、履いていたぞうりを頭にかぶって部屋を出ていきました。随分とアホな姿です。

にも関わらず「趙州さえいれば猫は助かったのに」とほざく南泉。これはどういうことでしょうか?ネコちゃん無駄死にじゃん。

現代でいえば猫の殺処分問題が近い

南泉斬猫はフィクションの可能性も否めません。しかし現代の日本では、多くの猫が殺処分されています。平成29年度はの殺処分実績はおよそ35,000頭※1です。南泉斬猫3万5千回分です。

※1 環境庁:犬・猫の引取り及び負傷動物収容状況(平成 環境庁:犬・猫の引取り及び負傷動物収容状況より

それを踏まえて、イメージし直してみましょう。

禅問答は頭で考えるだけではダメで、実体験を伴った理解が必要です。南泉斬猫を絵空事ではなく、現在進行系の難問として捉え直してみましょう。

殺された哀れな猫は、そもそも誰のものだったのでしょうか?

斬り殺された一匹の猫を哀れむ私たちが、猫35,000頭の殺処分には無関心だなんて、、随分とアホな話です。

私たちはその話を聞くと、何も聞かなかったことにして部屋を出ていきます。随分とアホな姿です。

にも関わらず「ペットショップさえなければ猫は助かったのに」とほざく私たち。これはどういうことでしょうか?

このジレンマを解決することが、南泉斬猫を突破するためには必要です。

具体例2 食後は茶碗を洗え

師匠と弟子のちょっとした会話です。

入門したての弟子は、師匠にこう尋ねた。

弟子:「私は新参者です。どうか大切な教えをお聞かせください。」

師匠:「朝ごはんはもう食べたかい?」

弟子:「はい。もう済みました。」

師匠:「なら茶碗を洗いなさい。」


さぁ、これはどういう意味でしょうか?
 
簡単な解説

「大切な教えは?」という弟子の質問に「茶碗を洗え」と返す師匠。

比較的わかりやすい禅問答かと思います。

前述の説明を引用します。

内容が難解なため、よく意味不明だとかバカげていると言われますが、それは欠陥でもイジワルでもありません。弟子のための愛情なのです。実のところ、極限までわかりやすく伝えられています。
 
概念の理解ではなく、行動を促しているのが特徴です。
 
悟りとは物事をありのままに見ることなので、別にスゴイことではないよ、あれこれ考えてないで茶碗を洗いなさい。といった感じなのかもしれません。
 
この上なくシンプルな解答ではないでしょうか。
 
 
悟りは別にスゴくない。と考える人も

とある僧侶が言っていました。

悟りは足し算ではなく引き算だと。

知識や経験の獲得ではなく、余計なものが消えることに過ぎないと。

悟りがなんなのかは誰にも説明ができないとしても、それが一部のスゴイ人間にしか得られないものだ、とする固定観念は考えものです。

みんなで茶碗を洗いませんか。

具体例3 2つに切れたミミズはどっちが命?

ミミズを観察結果からきた素朴な疑問です。

質問者:「ミミズを二つに斬っても両方が動きます。どっちが仏性(生命)なんですか?」

僧侶:「妄想しちゃダメだよ。」

質問者:「じゃあどっちも動くのはなぜですか?」

僧侶:「まだバラバラになってないからだよ。」


さて、あなたが僧侶ならどう解答しますか?
 
簡単な解説

これは命の数え方の問題です。

ミミズを真っ二つにすれば、命も2つになる?それとも最初からミミズは2つ命を持っていた?と質問者は悩んでいます。

僧侶の解答は「バラバラになるまでは動いてもおかしくないでしょ?」というもの。

ではバラバラって具体的に何個なのでしょうか?

何個までなら命をキープできるんでしょうか?

というか、そもそもミミズの命の定義を誰が決めたのでしょうか?

その前提から考え直す必要がありそうです。

命は加算名詞なのか?または不可算名詞なのか?

現代における移植問題はまさにコレ

現代には発達した医療があり、ミミズはそっくり人間に置き換えられます。

脳死からの移植を行う場合、肝臓はAさんに、腎臓はBさんに、小腸はCさんにとバラバラに内蔵を配分します。結果としてドナーは(いわば)死亡しますが、各内臓はそれぞれが生きています。

さて、ドナーの命はどの内臓にあるのでしょうか?

ドナーはまだ生きていると言えるのでしょうか?

なお科学はこの問題に答えを出すことを保留しています。臓器移植の運用は、その判断を各自に委ねる形で動いています。

禅の世界では、古くからそれなりの答えが存在しましたが、それは科学が扱う現象の枠外にあります。禅が哲学ではなく、宗教としてカテゴライズされている理由です。

まとめ 禅問答はダイレクトに答えを言ってる

日常的思考を超えた世界に修行者を導くもの」である禅問答とはなにか、少しは垣間見えましたか?

分かりづらいとされる禅問答ですが、実は答えをバシッと言っています。常識的な感覚からは理解しがたいだけです。

回りくどい表現を一切せず、極限までダイレクトに伝えるスタイル。

それが禅問答です。

たぶん。

しかし、結局悟りは言葉では伝えられません。

文字や言葉による伝達では不十分で、五感をフルに使った体験が必要不可欠です。だから他の学問とは一味違った探求の、スリルと楽しさがあります。

そんな禅問答の痛快さが、少しでも伝われば幸いです。

禅が導く先には、人生を楽しく過ごすための秘訣が隠されています。

禅問答は楽しいよ!

禅問答を扱った別記事

→ 「仏に逢うては仏を殺し・・」の理解は超簡単。あなたも既に経験済

→ うんこで悟ろう禅問答!禅は元祖「うんこ漢字ドリル」って知ってた?

→ 禅問答(公案)は考えるな、食っちまえ。誰でもわかるように超訳    

押してほしいかって?

全然?

この記事に対する評価を教えてください
  • とても良い
  • 良い
  • ふつう
  • 悪い
  • とても悪い
スポンサーリンク

コメント

  1. M より:

    僕が趙州なら
    僕の気を引きつけないでください。

    それでも悟りの道を解く者ですか。

    話を聞かされただけで猫について考え始め、執着してしまう。

    目の前で殺すなんてもってのほかだ。
    どれだけ強く視点を当てさせるつもりだ。

    考える事を辞めなければならない。

    何も考えてはならない。