ラグビーのノーサイド精神って、要するに諸法無我と同じなのかも

ラグビーW杯が熱いです。

連日の報道の中で、ノーサイド精神というラグビー文化に脚光が当たっています。

2019/10/15 THE ANSWER 日本、敗者に作った“ノーサイドの花道”に広がる感動「泣ける」「双方紳士だなあ」

「試合が終わればノーサイド」って考え、カッコいいですよね。

試合の終了後は、敵味方の区分けは消えるので、両者を平等に称え合おう!

ってやつです。

ちなみに、仏教の開祖であるブッダも、大体こんな意味のことを言ったそうです。

「あらゆるものはノーサイド」

どういうことか?ラグビーを例に説明していきます。

skeezeによるPixabayからの画像

ノーサイド精神=諸法無我

ノーサイド精神を仏教っぽく言うと、諸法無我(しょほうむが)がよく似ています。

諸法無我は、全てのものは因縁によって生じたものであって実体性がないという意味の仏教用語。(ウィキペディアより引用)

要するに、

ラグビーの敵味方の区別は、試合をするための決め事にすぎないよ。試合が終わった後は敵も味方もないんだから、一緒に酒呑んで楽しもうぜ。

ってことです。

言葉にすると当たり前だけれど、実践するのは難しい。

実際にラグビー以外のスポーツでは、なかなかノーサイド精神を実現できません。サッカーのA代表の試合に至っては、「国家の威信をかけた代理戦争」と例えられる始末です。長期に渡る遺恨が残ることもしばしばです。

・・・(  Д )  アホくさ。

とでも言えば非国民扱いです。

そんな状況に、ブッダならこう言うかもしれません。

「あらゆるものはノーサイドだよ。そもそも国民と非国民ってなに?」

世界はもともとノーサイド

ノーサイド精神を深く理解するために重要なのは、「世界は最初から最後までノーサイド」

だと思い出すことです。

ラグビーは試合が終わればノーサイド?

違います。少しズレています。

終わったらノーサイドなんじゃなくて、

試合をするために、わざわざサイドを作ったんです。

子どもの運動会だって白組と紅組を分けるけど、終わったら一緒に打ち上げするでしょ?

「運動会が終わったらノーサイド」なんて誰がいいますか?

「ドロケイが終わったらノーサイド」とか聞いたことがありますか?

Damon NofarによるPixabayからの画像

とどのつまり、ノーサイド精神に感動する理由は、

サイド(国の区別)を実体だと勘違いしてるからです。

ここでブッダの言葉を思い出しましょう。

諸法無我は、全てのものは因縁によって生じたものであって実体性がないという意味の仏教用語。(ウィキペディアより引用)

国家だと理解しやすいですね。実体性などなにもないから。

国境線は幾度となく変わってきたし、構成してる人も法も絶えず入れ替わっている。

国家の実体性ってNANDA?

面白いのは、その事実を知らない人は少ないにも関わらず、ノーサイド精神に感動する人が沢山いることです。知っていることと理解していることの違い、をよく示す例ですね。

ラグビーのA代表は国籍の意味が薄い

ノーサイド文化が高潔なラグビー界に対して、サッカー界は差別問題でドロドロです。

→ 2018/7/24 エジル、代表辞めるってよ。ハンバーガー、国籍変えるってよ

→ 2019/7/15 チャントに学ぶ「サッカーは少年を大人にし、大人を紳士にする」の真相

ラグビーとサッカーは共にイングランドの発祥であり、親戚のような競技なのに、なんでこんなに違うのでしょうか?(まぁ実際にはラグビー界にも差別がたくさんあるんでしょうけど)

なおラグビーのA代表には、外国にルーツを持つ選手がとても多くいます。

日本代表に限った話ではなく、世界中のA代表で共通の現象です。

なぜなら、国別代表に選ばれるための基準が、他の競技と比較してとてもゆるいから。

以下の条件を一つでも満たせば、当該国の代表選手になれるそうです。

・自分の出生国
・両親、祖父母の誰かが生まれた国
・3年継続して居住した国※ 但し他国の代表歴がない場合に限る

こうした背景から、様々なバックボーンを持つ選手たちで国のナショナルチームが組織されています。さらに、ノーサイド精神があるせいか差別問題が(表面上は)少ない。

・・・こうなると他の競技がバカみたいに見えてきますね。

実体のない国籍や人種で揉めてばかりなんだから。

ブッダさん、言ってやって下さい。

「あらゆるものはノーサイドだよ。諸法無我。」

ダウンタウンの松本人志さんもお願いします。

「巨人と阪神の選手が全員入れ変わったら、どっち応援すんの?」

(正確な引用ソースはないので、実際には言ってないかもしれません。)

スポーツへの熱狂とノーサイド精神は矛盾しない。

ノーサイド≒色即是空。試合≒空即是色

全ての物事に本質的な実体はありません。色即是空。

そして実体がないからこそ、ゲームを楽しむために物事が創られています。空即是色。

ノーサイド精神を実践すれば、ラグビーは高潔な競技です。

そしてノーサイド精神を深く理解すれば、あらゆる差別問題を解決するのに役立ちます。

国籍、人種、出身地、カースト、性、生物としての種、、。

全部実体なんてないんですから。

そしてノーサイド精神を深く理解するには、仏教が適していたりして。

言うたらノーサイド教ですからね。仏教は。

決まれば2点

この記事に対する評価を教えてください
  • 悪い
  • とても良い
  • 良い
  • ふつう
  • とても悪い
スポンサーリンク