優生学は人だとタブー、動物では常識。ではペットが家族となる時は?

どうぶつ基金さんのさくらねこチケットを使い、野良猫のTNR※を行いました。

ところで、中国で誕生したエイズ耐性持ちのデザイナーズベイビーや、発達し続ける遺伝子操作技術を踏まえ、優生学の是非が問われるようになって久しい時代です。

当記事では、将来的にヒトの優生学が一般化するのは抑制できない。

という結論を、TNR活動を通して見えてきた人間のエゴに基づいて論じます。

※ TNR活動とは(trap, neuter, return)の頭文字であり、

野良猫を捕獲(trap)し、不妊手術(neuter,)を施し、元の場所に戻す(return)活動のこと。野良猫の繁殖を防ぎつつ、殺処分を回避する活動。

猫のTNR活動、すなわち猫の優生学の現場を見ると、人間の生物に対する本音が見えてきます。私たちはカワイくてよく懐く猫が好きだし、美味しい肉質の牛が好きだし、美人で才能あふれる人間が好きです。それ以外は嫌いです。

つまり「カワイイ!は正義」(醜さは悪)というのは、優生学の肯定に他なりません。

猫の保護活動には、その本音が顕著に現れています。

カワイイは正義!それは優生学である

優生学とは簡単に言えば、カワイイ存在だけを繁殖させて増やすことです。

種や遺伝子に優劣をつけて繁殖をコントロールし、優れた個体を増やすことで、よりよい社会を目指す営みです。(様々な意味で)カワイくない存在に対しては、不妊手術をしたり殺したりして、確実に社会から抹殺します。

優生学、あるいは優生学的な思想を基にした行為は、以下のとおりです。

家畜の交配、愛玩動物の品種改良、ハンセン病患者への強制不妊手術、ナチスによるユダヤ人の大量虐殺、ペットの殺処分、出生前診断、中絶手術、デザイナーズベイビー、などなど。

つまりこんな感じです。

優生学  = 生命の尊厳  優れた性質(と権力がみなすもの)

非優生学 = 生命の尊厳  優れた性質(と権力がみなすもの)

このようにイメージの悪い行為も多い優生学ですが、野良猫のTNR活動ですらある種の優生学です。善意で行われているとは言えどね。

TNRは善行ではなく苦肉の策」と言われる理由がここにあります。

さらに言えば、猫だけを保護する営みもある種の優生学です。

猫は真正肉食動物。彼らが生きるには、他の動物の犠牲が不可欠だから。

「猫の保護は善行ではなく独善」と言われないのは、単にそう考える人が少ないためです。

猫の保護活動と優生学は切っても切れない関係にある、とお分かりでしょうか?

この大きな猫も優生学の産物です。白い外見を維持するために近親交配が繰り返され、健康を害するに至ったホワイトタイガー。

TNRの歯がゆさは、救うために産まない反出生主義

TNRには奇妙な倫理的なねじれが見られます。

・カワイイ猫を救うために、あえて繁殖能力を奪っていること。

・「生命はみな平等だ!」と猫のために奔走する一方で、キャットフードの中身がどうやって製造されたかを考えない活動者たち。

・野生化に生まれた猫は不幸で、人間の管理下に生まれた猫は幸福である、とする奢り。(もし人の管理下に生まれた猫であっても、カワイくない個体は敬遠される)

もし、人間が野良猫の繁殖を制限することが、猫を救うことになるというのなら、猫に備わった繁殖能力は、呪われた能力ということになってしまいます。野生動物は全て不幸ということになります。家畜化が進み、もはや野生では生きられない種ならともかく、猫はある程度野生でも生きていけるにも関わらずです。

「TNRは動物愛護というより慈悲深い獣害対策」、と考えれば気が楽になるかもしれません。

TNRは現状ではベストの選択肢だと思う反面、能天気に喜ぶだけではいけない、という戒めのために、このねじれをあえて記述したいと思います。

ペットショップや譲渡会は、デザイナーズベイビーの実証実験

保護した野良猫の里親を募るために、譲渡会に通っていた際に痛感しました。

それは、成猫の里親を見つけるのは、非常に難しいことです。ありふれた外見や、人に懐きにくい性格であったり、猫エイズのキャリアなどの条件が重なると、輪をかけて困難になります。里親がすぐに決まるのは、仔猫やロシアンブルーなどの人気品種ばかり。

この様子はまるで、デザイナーズベイビーの選定をする未来人のようです。

そりゃそうですよね。子ども(に近いペット)を選べるのならば、カワイくて健康で幼い個体がいいに決まっています。その気持はよくわかる。本能的にわかる。

つまり、、選べる環境さえあれば、子どもを選別するのは当然の成り行きということです。これは選ぶ対象が猫からヒトの赤ちゃんになっても、きっと変わらないでしょう。

すなわち、デザイナーズベイビーが歓迎されることは、ほぼ間違いなしです。

こうなってくると、ついこう考えてしまいます。

耳障りのよい命の重みなど存在せず、人権なんてのもお題目に過ぎない?

それが本音では?自分にとっての損得、結局は利用価値が全てではないのか?

私はよくわかりません。

わからないから、深く知りたくてやっているようなものです。

動物が家族になりヒトが奴隷となる時、優生学をどう考える?

過去の優生学を巡る議論では、ヒトへの実施はNGであり、その他の生物にならOKとの方針となりました。その産物が今日の家畜や愛玩動物たちです。

ペットを家族と考える人が増え、動物の保護活動が活発化してきた現代、ペットの扱いをヒトに近づけようとする動きが加速しています。

その最中、ペットへの優生学をどう考えるか?を考え直すべき時期ではないでしょうか?

それは私達が動物に(ひょっとしたら人間に対しても)向けている愛情の本質を、鮮明に映し出す鏡となることでしょう。

ちなみに、世の中にはあえて障害を持つ子どもを養子に迎える方や、人に懐かない成猫の里親になる方が存在しています。いわば逆優生学。

彼らの価値観は、愛情を受け取ることよりも、与えることを重視しているように見えます。

正解のない問いではありますが、これらの課題が深く理解された社会は、きっと住みやすい世界となることでしょう。それこそが、動物たちが人間に与えてくれる、最高のプレゼントなのかもしれません。

プレゼントがほしい

この記事に対する評価を教えてください
  • とても良い
  • 良い
  • ふつう
  • 悪い
  • とても悪い
スポンサーリンク