新型コロナウイルスは生物と物質の中間。故にコロ助は悟りの使者ナリ

新型コロナウイルス騒動の原因は、たった一つのウイルスに起きた、ちょっとした突然変異なんですよね。

ウイルスは細胞よりも小さい、生物と物質の中間みたいな存在です。

その設計図が、ほんの少し変わっただけ。

誰の意図でもない、偶然の産物として。

そしたら、世界中が大騒ぎです。

世の中はこれ程までに繊細で、ダイナミックに影響し合うため、誰にもコントロールができません。

それが私たちが生きる、この世界の本質です。

一切皆苦(世界は何一つコントロールできないって意味)

だから、自分の力だけで生き抜こうと考えるのは、、、やはり奢りなんでしょうね。

確固たる自分が存在していて、人生を支配してコントロールしている、と信じていることが、そもそもおかしいんでしょうね。

人はどうにもならない状況に追い込まれると、初めて ”身を委ねる感覚” を体得します。

新型コロナウイルスちゃん誕生の副産物として、そいつも蔓延したらいいのに。

経済危機や健康危機をバネにして、そいつもパンデミックになれば痛快なのに。

コロちゃんにはぜひ、収束する前に置き土産を残して欲しいものです。

生物と物質の中間であるウイルスと、自我を持つからくり人形であるコロ助は、その仕事に適任だと思うので。

ワガハイの時代が来ることの暗示ナリよ。

はじめて~のチュ~ ↓

この記事に対する評価を教えてください
  • とても良い
  • 良い
  • ふつう
  • 悪い
  • とても悪い
スポンサーリンク