欧米人はマスク着用に抵抗があるなら、忍者のコスプレだと思えばいい

コロナウイルスへの警戒が最高潮になってもなお、マスクの着用に抵抗を持つ文化圏があります。イギリスやアメリカがそうらしいですね。

MSN News 2020/4/10 これだけ言われても欧米人がマスク着用を嫌がる社会的事情 ※リンク切れ

イスラム圏のヒジャブ文化を非文明的とか、女性への過度な抑圧って批判する割には、純粋に疫病予防であるマスクはお断りという不思議。

マスクは自分のためだけではなく、他人にうつさない、心配させないためのマナーでもあるのに。

ヒジャブは女性を守るためだけではなく、男性を惑わせないという意義も(一応)あるのに。

それでいて、「Japanese Ninja」にロマンを抱いていたりします。ステレオタイプな忍者は、ビシャブとマスクの合わせ技みたいな格好をしてるのに。

一体どうなってるのでしょう、、?

Why British people!?

アジア人への人種差別も増えている、と報道されています。

マスクを付けたアジア人が歩いているだけで、唾を吐かれたり罵声を浴びたりするケースがあるそうで。

いっそ逆手に取って、アジア系はマスクと一緒に忍者コスで街を歩いて、クールって言わせるのはどうでしょうか

彼らの文化的なマスクへの抵抗感も、少しは解消されたりして。

コロナ関係のデマや恐喝もパンデミック中です。

「自分は保菌者だ!ウイルスをばらまくぞ!」とか、コロナビール(名前以外は無関係じゃん・・)の売上が落ちたりとか。

見た目とイメージに騙されて右往左往するのは、もはや人間の性です。

コロナウイルスはじきに収束するでしょうが、こっちの疫病はまだまだ解決しなさそうです。みんなで忍びましょう。忍びの国の末裔として。

と言うか、顔が隠れようが見えてようが、どっちだっていいじゃないですか。

個人的には、おかしな作り笑いをTVで見せつけられると、マスクでも着けてほしいと感じます。

逆にマスクをしていても、打算のない笑顔はちゃんと伝わるものです。

まぁ極論を言えば、見た目だけでは人の気持ちを理解できるワケがありません。

一番の疫病は、「表面的に物事を判断しようとする性分」なんでしょうね。

マスクを嫌う欧米人の特徴として、表情豊かで発信力こそあれど、内面を見抜く洞察力は磨かれていないケースが多々あります。そして日本人は真逆の特徴があります。

コロナ騒動を機に、両者の長所と短所が混ざりあう、というストーリーもいいですね。

パンデミックも悪いことばかりではありません。

コロナ騒動は、世界中に忍者を潜伏させるための陰謀説

Bon BonによるPixabayからの画像

Vesna HarniによるPixabayからの画像

この記事に対する評価を教えてください
  • とても良い
  • 良い
  • ふつう
  • 悪い
  • とても悪い
スポンサーリンク