結婚式の神父はバイト、葬式の僧侶は本職。共に見た目しか需要がない

結婚式で「エイエンノ、アイヲ、チカイマスカ?」

をする神父さんは、殆どはアルバイトです。

キリスト教の知識や信仰心が、全くない人も大勢です。

あの仕事に必要なスキルは、それっぽい雰囲気とカタコトの日本語、あとはサービス精神だけだからです。割と周知の事実になりましたね。

ガッカリしましたか?

なぜでしょう?

別に偽物だって、いいじゃないですか。

第一、何をもって「ホンモノ」と呼ぶのでしょうか?

結婚式の神父は、偽物でも喜ばれる

別に偽物だって、いいじゃないですか。

神に向けて永遠の愛(笑)を誓っているのであって、目の前のコスプレイヤーは舞台装置に過ぎないのだから。本物でも偽物でも、何ら問題はないのだから。

それに神父が本物かどうかなんて、一切興味はないんだから。

牧師にしたって、ホンモノだ!と尊敬して欲しいなんて、自惚れてはいません。

そもそも牧師(プロテスタント。新興的なキリスト教)には、神父(カトリック。伝統的なキリスト教)のような厳密な資格制度はありません。

偉い偉くない(神に近い、近くない?)の上下関係もありません。

だから教会サイドも、ビジネス神父の存在に文句を言わない、というカラクリです。

これがもしニセ神父(カトリック)だったら、超絶怒られると思います。

まぁ結局は、神さまが相手ですからね。

どんな型式をとろうと、人間が小細工で騙せる相手ではないので、どっちだって同じです。

大事なのは心。

願わくば、結婚もそうであってほしいのですが、、。

葬式の坊主は、本物でも疑問視される

お葬式で見かけるお坊さんは、殆どが本物(のはず)です。

にも関わらず、存在意義を疑問視されて久しい状態です。

でも、別にいいじゃないですか。

仏に向けて死後の幸福(?)を願っているのであって、目の前のニンゲンは舞台装置に過ぎないのだから。本物でも偽物でも、何ら問題はないのだから。

それに坊主が本物かどうかなんて、一切興味はないんだから。

坊主にしたって、ホンモノだ!と尊敬して欲しいなんて、自惚れてはいません。

まぁ結局は、仏さまが相手ですからね。

どんな型式をとろうと、人間が小細工で騙せる相手ではないので、どっちだって同じです。

大事なのは心。

願わくば、葬式はそうであってほしいのですが、、。

表面だけでも本物志向でも、実は変わらない

考えてみると、何を持って「ホンモノ」と呼ぶのでしょうか?

牧師にしても、坊主にしても、全聾の作曲家にしても、バンクシーの作品にしても、、

本物かどうかは、各々が自分で決めるしかありません。

「本物の僧侶」が腐敗しきっていることもあれば、

「バイトの神父」が愛に溢れた人物であるケースもあります。

どっちにしろ、人それぞれが受ける印象は違います。

永遠の愛(笑)や死後の幸福(?)を祈るのなら、一切支障はありません。

あるいは、単なるお芝居でよいのなら、それもまた支障がありません。

本物は高潔過ぎて殺される

本物の牧師というのは、キング牧師みたいな人のことです。

彼が敬意を集めた理由は、黒人の権利のために高潔に戦ったからです。

教会に所属していたかどうかとか、需要のある姿と雰囲気で、愛を誓わせる仕事をしてるかは、あまり関係ありません。

そして彼は暗殺されました。

高潔過ぎると(黒い噂もありますが)、この世では敵を作ってしまうから。

どうやら人は、本物になり過ぎると憎まれるようです。

そういえば、結婚式のイエスや葬式のブッダも、迫害されたり殺されたりしています。

歴史を振り返ると、その人物が本物かどうかは、幸福とか無関係なのかもしれません。少なくともこの世では。

もういっそ、神や仏もアルバイトならいいのにね。

幸せな結婚式も、悲しいお葬式も、どうせ嘘まみれなんだから。

あるいは、気にするのをやめれば、全部解決するのかもしれません。

それが唯一の、ホンモノなのかも。

チカイノキスヲ

272447によるPixabayからの画像

この記事に対する評価を教えてください
  • とても良い
  • 良い
  • ふつう
  • 悪い
  • とても悪い
スポンサーリンク