「ジョーカー」は危険な映画?アーサーの言う通り、善悪は主観が全て

映画「ジョーカー」の鑑賞レビューです。

メインテーマは「善悪は主観」です。

作中のトークショーにて、アーサーが絞り出すこの台詞に、全てが集約されます。

しかし、映画の感動はすぐに忘れてしまうもの。だったら私たちの生活にて、腑に落としましょう。

※ネタバレありです。嫌な方は見ないでね。

「ジョーカー」は危険な作品か?

犯罪を誘発する危険な作品との危惧を、制作陣も持っていたみたいですね。

胸がズシンと重くなった、との感想も多いです。

がしかし、心配いりません。

既に犯罪は起きています。

映画を見る前から。日常的に。気付いていないだけで。

というか、「犯罪かどうかも主観」です。

以下、アーサーの言葉を軸に「善悪は主観」というテーマの理解を試みます。

「自分を偽るのはウンザリだ。喜劇なんて主観だろ?」

「人殺しが笑えることなのか?」とトークショーの司会者であるマレーに尋ねられたアーサーは、観念したようにこう言います。

「そうさ、自分を偽るのはもうウンザリだ」

アーサーは既に、悪いやつ(と彼が思う人)を殺すことは悪ではない、と吹っ切れています。

彼はこう続けます。

「だってそうだろ?この社会だって、まさにそうじゃないか」

「善と悪を自分の主観で決めている」

トークショーのホストは、狂った男の妄言だとばかりに、冷ややかに聞いています。

しかし、コレは誰にも否定できない事実ではないでしょうか。

私たちに理解しやすい例では、牛や豚は殺していいけれど、犬と猫はダメだとか、、動物だとわかりやすいですね。

動物ではなく人が相手でも、中絶、出生前診断、死刑制度、尊厳死、途上国の搾取など、枚挙にいとまがありません。(法的にも感情的にもグレゾーンばかりです)

そう考えると、映画を見るから、、とうの昔から、、私たち全員が当事者だったわけです。

更に自分を偽っていることにすら、気付いていません。

アーサーはそれに気づき、完全に受け入れました。

「だから自分で決めればいい。何が笑えて、何が笑えないか」

とアーサーは結論します。

彼は神経が高ぶると笑ってしまう病気を患っており、気持ちと外面がかみ合わないが故に、他人に理解されない孤独を抱えていました。

さらには、コメディアン志望のくせに、笑いのツボを全くわかっていません。他人のスタンダップコメディを見て勉強する際も、一人だけずれたタイミングで笑い声を上げてる始末です。

彼の笑い声は本当にウケていたのか、あるいは場に馴染むための芝居だったのか、作中の描写では定かではありません。いずれにせよ彼は、「笑いが主観的であることを、誰よりも痛感できる」人物だったことは確かです。

私たちに理解しやすい例では、マグロの解体ショーはおめでたいけれど、ニワトリの解体ショーは醜い、とかでしょうか。

これが主観でなくてなんなのか。

「僕が歩道で死にかけていても、踏みつけて通るくせに」

アーサーは証券マン3人の殺害を咎められ、こう切り返します。

「なんでみんな、あんなやつらに同情するんだ?」

「僕が歩道で死にかけていても、踏みつけて通るくせに。誰も僕に気づきやしない」

私たちに理解しやすい例では、

牛がお皿の上で死んでいても、何も考えずに食べるくせに。誰もに気づきやしない」

牛は同情に値しない、というのならそれで結構ですが、多くの人は牛の死を直視できないときています。

まぁ牛はいいとして、、、問題は「人間であるアーサーをどう扱うか?」であり、その判断根拠は牛の場合と何も違わず「善悪は主観」です。

ここが焦点ではないでしょうか。

違うかい?アーサー。

危険なのは「ジョーカー」よりも、私たちの判断能力

ピエロのメイクは、もともとは人を笑わせるためのサービスだったのに、いまや不気味なイメージが浸透してしまいましたね、、。

「人生は近くで観ると悲劇だが、遠くから観ると喜劇である」

とチャップリンが言ったそうですが、

生物の殺害は近くで観ると悲劇だが、遠くから観ると喜劇である」

とも言えそうです。私たちの行いを振り返るとね、、。

とにかく、問題は映画「ジョーカー」ではありません。

作品で表現されたメッセージを、私たちが受け止めれられるか否かです。

本作品は、現代社会に対する警告を多分に含んでおり、誰もがジョーカーになりうることを伝えています。

でも、どうせすぐに忘れられてしまうのだから、、、

映画以外のもので、できれば日常的な事柄にからめて、このメッセージを発信したい。

私の中のジョーカーは、そう言っております。

まぁただの妄想かもしれませんが。

あと、こうも言っています。

ピエロは近くで観ると不気味かもしれないが、程よい距離で観ると愉快だよ!」

大道芸のクラウンたちへの風評被害が心配です。

彼らを見た目で判断しないこと。ジョーカーもそれを望んでいるはずです。

おやすみ。そして最後に、これが

この記事に対する評価を教えてください
  • とても良い
  • 良い
  • ふつう
  • 悪い
  • とても悪い
スポンサーリンク