タトゥーを入れた同居人が差別され、和解に至るまでの経験談

タトゥーへの偏見が解消され、周囲と良い関係を築くに至った経験談です。

以前私は、外資系企業の従業員寮にて、大きなタトゥーを入れた同僚たちと同居していました。彼らの出身は様々で、アジア、北米、ヨーロッパとまちまちです。日本語はほぼ話せませんでした。

ある夏の日、同僚の一人が敷地内にて、上半身裸でリラックスタイムを過ごしていたところ、隣人から苦情の電話がかかってきました。

「タトゥーを見せるな!日本ではそれだけで威嚇にあたる!従業員をしっかり教育しろ!」

結果的には、トラブルは無事に解決しました。

苦情元の隣人たちとの関係も改善し、その企業が運営するサービスまで遊びに来てくれるようになり、差し入れを交換し合うようになりました。警察を呼ばれそうになった過去が嘘のようです。

賛否両論あるタトゥー文化ですが、課題はタトゥーとは別のところにありそうです。

タトゥーに賛成だろうが反対だろうが、私たちは本質を見抜く目など持ち得ないからです。

タトゥーによる文化摩擦を解決するには、気長に洞察力を養っていく他にないのかもしれません。タトゥーに限った課題なのではなく、「人間は色眼鏡でしか世界を見れない」という能力上の限界が病根です。つまりは、うまく付き合っていく他にありません。

トラブル勃発時の状況

その企業は決して、評判の悪い集団ではありませんでした。

豊かな自然を活用したアウトドアサービスを提供しており、地域の観光業に少なからず貢献していました。自治体のPRポスターにも起用されていたこともあり、全国的にもそれなりの知名度を持っていました。

また接客が要のビジネスのため、仕事中はタトゥーを隠すように指示されており、業務中のトラブルも一切ありませんでした。

この事例で火種となったのは、自宅の庭でタトゥーが見える格好でいたこと、それだけです。しかし、社宅は畑ばかりの田舎にあり、周辺の住人は高齢者ばかりでした。保守的な偏見が色濃く残っていたことは予想できました。

今思えば、そんな地域にタトゥーを背負った若者たちが住めば、揉め事が起こるのは当然の帰結だったのかもしれません。

差別が起きた原因、及び対策

もし過去に戻って、事前にトラブルを回避するために動けるとしたら・・

私は隣人に挨拶をして、バーベキューにでも招待するつもりです。

というのは、トラブル後にそれを実行したことで、良い関係を築けることを学習したからです。

結局の所、揉め事の原因は「得体の知れない集団として警戒されていた」ことでした。

そして事後の経過が良かったのは、「事前の悪いイメージを、良い意味で覆せた」からだと思います。不良がたまに善行をすると、やたら良い奴に見えるアレです。

つまりは、タトゥーで差別されたのもその後仲良くなったのもどちらも錯覚の産物なんです。

どうせ人間は色眼鏡でしか物事を解釈できないのだから、それを見越してギャップを利用した演出を仕掛ける、程度の老獪さがあれば、トラブルを未然に防ぐことが出来たはずです。

タトゥーの是非は、ぶっちゃけ何の関係もありません。

解決の決め手になったもの

トラブルがすぐに解決した決め手は、「直接謝罪をして、その後も触れ合う機会を設けたこと」にありました。

向こうからしてみれば、最初はタトゥーだらけの外国人が怖く見えたのでしょうが、関わってみたら案外フレンドリーだった訳です。きっと貴重な経験になったのでしょう。

同時にタトゥーの印象に囚われたいた己に気づき、埋め合わせとして過剰に優しくしたくなったのかもしれません。

この知見を応用して、現代におけるタトゥー問題の解決を図るとすれば、

1.タトゥーを持つイメージの悪い人物に、ホームレスへの炊き出しや野良猫の保護活動をさせる。

2.清廉潔白でお硬い人物に、あえて刺激的なタトゥーを入れてもらう。

などがあげられます。シンプルなギャップ作戦です。

要するに、タトゥーを入れた人が良い実績を重ねることが近道です。

長期的な解決には、避けて通れないハードルですね。

ま、どう転んでも錯覚なんですけど。

タトゥーではなく、認識力こそが課題?

「タトゥーの是非」という形でこの課題が語られるのは、前提からしていかがなものでしょうか。

写真の子犬のように、相手の(見た目ではなく)振る舞いを見て、接し方を決めればいいだけの話。

ふと動物を見ると、タトゥーの偏見で悩んでいる個体は一頭もいません。

まぁタトゥーを入れた人間に虐められた経験があれば、タトゥーを見ただけで怯えることはあるのかもしれません。それでも、その人物が信頼できると思えば、そのトラウマを消すことだって可能です。

せめてニンゲン様がパブロフの犬を卒業するためには・・

「私たちは世界を色眼鏡でしか見えない」という事実を、徹底的に理解する必要がありそうです。

それはタトゥー問題の解決のみならず、もっと大きな恩恵をもたらすとお約束できます。

インクをラブ注入

この記事に対する評価を教えてください
  • とても良い
  • 良い
  • ふつう
  • 悪い
  • とても悪い
スポンサーリンク