みかんを美味しく食べれるのは、果樹園でヒヨドリが撃ち殺されているから

みかん農家の悩みは、みかんを食い荒らす鳥たちです。そこでハンターを雇って、果樹園内での狩猟を依頼することがあります。

私がその狩猟に同行し、ヒヨドリを撃ち殺しまくった時の話をします。

要するに、私たちが美味しいみかんを食べられる背景には、こんな光景もあるんだよ。

という記事です。

ところで、SEX MACHINEGUNSというバンドに「みかんのうた」という曲があり、こんな歌詞が出てきます。

みかんを粗末にするやつは みかんにやられて死んじまえ

みかんのうた の歌詞より

みかん愛好家である罪なきヒヨドリが、みかん農家にやられて死んじまった場合、そこに善悪はあるのか?粗末ってどういう意味だ?

一緒に考えていきましょう。

なお当記事は、体験レポなのに現場の写真ありません!悪しからず。

スマホを洗濯機で洗ってしまって、データが全部消えたからだよガハハハ!

スポンサーリンク


みかん農園にとってヒヨドリは害獣

こんなに可愛いヒヨドリなのに、果樹を食べちゃうんですよね。この子たちを野放しにすると、みかん農家は収益に大きなダメージが受けてしまいます。

しかし果樹園が広大です。効果的な対策を施すのはコストがかかるため、ハンターによる駆除&ヒヨドリへ恐怖心を与えることが、現実的な対策となるそうです。

さて、ヒヨドリ狩りをしたのはみかん王国の愛媛ではなく、私の地元である神奈川県の厚木市です。

エアライフルという、ポンプした空気圧で弾を発射するタイプの猟銃を使って、みかんの果樹に集まってきたヒヨドリを狙い撃ちにします。

もちろん、猟銃を打つには免許が必要です。

私は無免なので、引率のハンターを見学しているだけではあったのですが、気持ち的には殺意を持って弾を発射していました。エアでね。

野鳥というのは警戒心が強い上、ヒヨドリは群れで行動する習性があります。

従って、狩りのスタイルは射撃ポイントを決めて待ち伏せする形です。

射線を定め、茂みに身を潜めたら、射程圏に群れが入ってくるのをジッと待ちます。

ヒヨドリを撃つ

その日は運がよかったのか、長くても15分も待てば、群れが果樹をついばみに現れました。

一発打てば、発砲音に驚いてヒヨドリは逃げてしまうので、一度の来訪に一発きりのチャンスです。

スコープを覗き弾を撃つと、3~4割は致命傷を与えることができていました。

哀れな可愛いヒヨドリちゃんは、真っ逆さまに木から落ちてきます。

まだ息ある場合は、ナイフで首を刺してトドメをします。そしたら回収して次へ。この日は15匹ほどの成果でした。

一連の作業の際、とても変な気分になったことを覚えています。

よっしゃ獲物を獲ったドォォ!!

ああ、また殺めてしまった、、。

という相反する2つの感情が渦巻きました。

瀕死のヒヨドリにトドメを刺すときも、殺すことが救いなのか加害なのかよくわからなくなり、武士の情けとはなんなのか?と他の事を考えることで気を紛らわせた記憶があります。

まぁ勉強不足だった2015年の話なので、執筆時点なら手際よく捌けるとは思いますが。

そして食す

狩猟を終えたら料理をはじめます。

ヒヨドリの丸焼きです。

1.羽を手でむしる。ヒヨドリの場合、お湯でふやかす必要はない

2.首と足をナイフで落とす。食べられなくはないが食感が悪いので

3.お腹を切って、内臓をかき出す。

4.全体をバーナーで炙って、取りきれなかったな毛を焼き払う

5.お好みの衣をつけたら、180°くらいの油でさっと揚げる

この方法ならば、細かい骨もそのまま食べることができます。

小さな鳥は捌くのが大変なので、まるごと食べる調理法が好まれるのだとか。

お味の方は、、まぁ美味しいとは言い難かったです。食べる部分が少ないし

裏返せば、普段食べてるお肉がいかに高品質かを物語っています。

遺体はポイ捨てOK。それが最高の弔い

ちなみに、切り取った頭や内臓はそのまま野山にポイ捨てOKです。

自然と獣や虫が食べてくれるからです。

原則として狩猟の獲物にゴミという概念はありません。

野山を養う養分である以上、そのままう山に還すのがマナーなのです。

つまりヒヨドリの生首と内臓を、そこらにポイ捨てしたワケです。

しかし、これが自然本来の姿です。仮に違和感を感じるとすれば、私達人間は何かを見失っているに違いありません。

みかんもヒヨドリも山も、全ては ”ひとつなぎ” の現象なのですから。

もちろん私たち人間も。

まとめ

世界の全てはつながっていて、それは残酷でありつつも美しい光景です。

カワイイ小鳥を撃ち殺すことは、みんなが美味しいみかんをたべることに繋がっています。

ヒヨドリの生首を野山にポイ捨てしても、きっとみかんの果樹に養分として吸収され、みかんとなって転生することでしょう。

この記事を読めば、焼き鳥ポンジュースが今まで以上に美味しくなるはず。

要するに、こういうことです。

心が和めば、世界は一つ 世界にはばたけ、愛媛のみかん

「みかんのうた」の歌詞より

愛媛のみかんは宇宙一!

まぁ私の地元、神奈川のみかんを除けばね。

好きなものはお金とみかん!

スポンサーリンク
この記事に対する評価を教えてください
  • とても良い
  • 良い
  • ふつう
  • 悪い
  • とても悪い
スポンサーリンク