ファイトクラブせっけんの作り方と、内なるタイラーと和解する方法

人間の認識について
この記事は約9分で読めます。

映画「ファイトクラブ」には、ヒトの脂肪でせっけんを作って販売するシーンがあります。

 

当記事ではそれを再現し、手順をシェアします。

残念ながら原料はヒトの脂肪ではなく、ブタの脂肪(ラード)ではありますが。

 

「絶対に、ファイトクラブのことは口にするな!」

 

とタイラーは言いますが、私はすでに彼と和解しました。

無視して遠慮なく解説していきます。

(ネタバレありです。ご注意下さい)

 

Amazon primeで「ファイトクラブ」を観る↓

 

準備

まずは必要なモノを揃えます。

 

材料と道具

材料は以下の通りです。

左から順に

・苛性ソーダ(薬局で買える)

・香料(今回はバニラオイル)

・市販のラード

・食紅

・ココナッツオイル(泡立ちを良くするため)

・精製水(純度の高い水が必要。水道水ではNG)

 

少しだけ道具も必要です。既にキッチンにあるかもしれません。

・プラスチックのボウル(金属は溶けるためNG)

・泡立て器

・へら

・計量器

 

最後に

・せっけんを流し込む型

 

市販の型を使ってもいいし、オリジナルの型を作るのも楽しいです。

 

単にせっけんを作るだけなら、どんな型でも問題ありません。

ちなみに筆者は、3Dデータごとファイトクラブせっけんの型を作りました。

 

 

 

なおタイラーのように、痩身クリニックから脂肪を盗もうとするのはやめてください。

あれは演出です。吸い取った脂肪を袋詰めで廃棄することはありえません。

 

スポンサーリンク

 

分量を測る

せっけん一個分をつくる際の、おおよその分量です。

お好みでアレンジしてください。

 

・ラード100g

・ココナッツオイル30g

・苛性ソーダ17.5g

・精製水45g

・食紅とバニラオイルを少々

 

分量を変える場合は、こちらのサイトが参考になります

手作り石鹸用アルカリ計算機

手作りせっけんとアロマ、ハーブのお店 Cafe de Savon様より 

 

せっけんの作り方

これにて準備完了です。

せっけん作りをはじめます。

 

材料を順に混ぜていく

順番を間違えると正しく反応しません。注意してください。

 

①計量した苛性ソーダをボウルに入れて、精製水を加えて混ぜる。

 

苛性ソーダが水と反応する際、高熱とガスが発生します。

80°近くまで発熱するのでご注意を。

あとガスに毒性はないのですが、むせるので換気しながら作業してださい。

 

②苛性ソーダが完全に溶けたら、食紅を混ぜる。

ダマが残らないようによく混ぜます。分量はさじ一杯で十分です。

なお油を加えた後で食紅を加えるとダマができます。

必ずこの時点で投入してください。

 

この食紅がファイトクラブピンクになってくれます。

ちなみに原材料がラードの場合、色素を加えなければ真っ白なせっけんになります。

 

スポンサーリンク

 

ひたすら混ぜる

③ラードとココナッツオイルを加えて混ぜる。混ぜ続ける。

 

計量したラードとココナッツオイルを投入したら、ひたすら混ぜます。

手混ぜだと1時間程度かかります。

 

力は必要ないので、本でも読みながらゆっくりかき混ぜてください。

温度が高いほうが反応が早く進みます。

冬場は写真のように、湯せんしながら混ぜるのがオススメです。

 

慣れてきたら、電動の泡立て器を使ってあっという間に作れるのですが、最初は手で混ぜることを推奨します。

 

最初から機械を使うと、加減がわからずに混ぜすぎてしまいます。

粘性があがりすぎる上、わざわざ手作りする喜びが半減してしまうからです。

 

タイラーが説明した古代人になったつもりで、せっけんの起源に思いを馳せながら手で混ぜましょう。

生物由来の油でつくるせっけんは、現代では高級品なのですから。

スポンサーリンク
薄毛・抜け毛に「U-MAシャンプー」

 

乳白色になりツノが立つまで混ぜる

反応が進むと、色が白っぽくなって増してきます。

 

少しツノが立つ程度、このぐらいになればOKです。

 

長かった混ぜる作業も、ようやく終了です。

最後に香料を数滴入れて、よく混ぜてください。

この工程を飛ばすと無香料のせっけんになります。

 

型に流し込み成形する

前述した型は、組み立てるとこんな感じです。

固化したせっけんを取り外しやすいように、側面が分離するようになっています。

 

型に流し込みました。

あとは風通しの良い場所で、1週間くらい寝かせましょう。

湿度と温度が低い場所がよいです、真夏はせっけんづくりには適していません。

 

ちなみに、ボウルや泡立て器を洗う必要はありません。

しばらく寝かせるとせっけんに変化しますので、その後で洗ったほうが効率的です。

 

型から外し、さらに寝かせる

湿度と温度がよほど高くなければ、一週間もせずに固まります。

型から外しましょう。

 

ほぼ完成です。

 

この状態でも使えるには使えますが、まだ鹸化は不十分です。

さらに1ヶ月、できれば3ヶ月以上は風通しの良い場所で寝かせたら、ようやくベストコンディションになります。

 

 

手作りファイトクラブせっけんの完成です。

 

完成したものをお風呂で使うと、とてもさっぱりした洗い心地です。

デパートでせっけん購入したマダムたちも、まさか痩身クリニックから盗んだ脂肪でできているなんて、夢にも思わないでしょう。

ましては、金融ビルを爆破できるダイナマイトにも化けるだなんて。

 

スポンサーリンク

 

考察:タイラーはなぜ魅力的なのか

 

ここからは考察です。

 

筆者は「ファイトクラブ」の大ファンです。

映画版と原作小説を購入して、どちらも10回以上は観ています。

 

そこでせっけんの作り方だけではなく、作中でタイラーが表現したかったことについても、少しだけ考察してみようと思います。

 

 

 

筆者が思うに、タイラーは現代の禅僧です。

囚われた心を解き放ってくれる存在です。

だから悩める現代人に支持されたのでしょう。

 

 

タイラーは

「自己破壊こそが本当の救いだ」

と言い、実際にナレーター(エドワード・ノートン)の家を爆破しました。

プロジェクト・メイヘムを指揮して、現代文明を象徴する金融センターと、国立美術館の破壊を試みました。

 

そして物語終盤、タイラーという存在は、ナレーターのもう一つの人格であることが判明します。

 

 

タイラーは言います。

「所有していたモノに、気づいたら所有されている」

 

タイラーの言うように、現代人が執着している財産や自我なんてものは、物事の本質ではありません。

せっけんの泡のように消えていきます。

 

裏を返せば、人間は何にでもなれます。

自分を縛る、クソみたいな固定観念や執着さえ取り除ければ。

 

タイラーがコンビニで働くレイモンドに銃を突きつけて、獣医になる夢を思い出させたように・・・。

動物の脂肪がせっけんに化けたり、料理の調味料になったり、ダイナマイトになってビルを破壊するように・・・。

タイラーのように、自由に生きていけたのならば。

 

 

「自分の殻をやぶるためには、自分をまず壊すしかないようだ」

これがタイラーの存在理由です。

彼がナレーターから産まれて、暴れだした理由です。

 

もし映画「ファイトクラブ」に心を動かされたのなら、内なるタイラーが存在している証です。

彼はこちらに銃を突きつけています。

 

私たちは、レイモンドのように動き出さなければいけません。

映画を見ただけで満足しているのなら、タイラーはいつか私たちを破壊するでしょう。

 

筆者の場合であれば、生命倫理をアップグレードする仕事に取り組みます。

それこそが、内なるタイラーと和解する唯一の道だと信じています。

 

スポンサーリンク
マイプロテイン初回購入

 

まとめ

 

ファイトクラブのモチーフであるせっけんは、ヒトの脂肪からできています。

 

金持ちどもがたらふく飯を食い、溜まった脂肪として吸引したものを、せっけんに加工して買い戻させること、

それがタイラーのビジネス、存在理由のメタファーです。

 

誰もがタイラーを抱えていて、いつもこう願っています。

「破壊と創造はセットであり、その循環を思い出させること」

「思考のぬるま湯を出て、心のままに生きること」

「捨て去ったゴミから、本当の自分を取り戻すこと」

 

その象徴として、彼はせっけんのビジネスをしていたのです。

 

 

自らの存在価値を再発見できたならば、タイラーはこう祝ってくれるでしょう。

「明日はレイモンドの人生で、最高に美しい日になる」

「ヤツの朝飯は、いままで味わったどんなメシよりも美味いはずだ」

 

スポンサーリンク

 

最後に、小説版も素晴らしいよ

ちなみにファイトクラブは原作小説もオススメです。

映画ばかりが評価されていますが、原作もこれがまた面白い!

独特の文体がクセになり、言葉にできない中毒感が途切れない作品です。

映画に出てくるキレのあるセリフは、そのまま小説からの抜き出したものも多いです。

 

著者はチャック・パラニュークという作家さんなのですが、他の作品も軒並みおもしろいです。

翻訳されたものは全部読みました。

非常に優れた作家だと、自信を持ってオススメできます。

 

荒削りな魅力を放つのが、ファイト・クラブの前に執筆されたコレ。

自分の顔の下半分が、ショットガンで吹き飛ばされたモデルの話です。

 

メチャクチャな時系列で話が進んでいくのですが、バラバラだったピースが徐々にはまりだす構造になっており、カタルシスを伴う結末に繋がります。

2回読むとなお唸らされる作品です。

(絶版らしく高額です。図書館などのご利用を。あるいは英語の原書なら安価です)

 

こちらで詳しく紹介しています。

→ ファイトクラブが好きなら、インヴィジブル・モンスターズも絶対読め

 

プロットの完成度、言葉のキレで言えばこれでしょう。

集団自殺したカルト教団の生き残りが、TVでニセ宗教家としてのし上がる話です。

インヴィジブル・モンスターズと共に、映画化の話があるとかないとか。

(おなじく絶版です、、。)

 

 

そうそう。

・・「ファイトクラブ」の原作を読むと、映画版監督のデビット・フィンチャーに改めて脱帽しました。

あのイメージを、ここまで見事に映像化しきったとは!

「ファイトクラブ」は数々の才能が組み合わさって出来た、類まれな傑作と言えるでしょう。

 

 

Amazon primeで「ファイトクラブ」を観る↓

 

 

 

はじめてこのサイトに来た者は……

必ずクリックする

 

スポンサーリンク  

コメント

タイトルとURLをコピーしました