【体験談】ボイストレーニングの上達を早め、費用を節約する5つの方法

未分類
この記事は約13分で読めます。

筆者は累計で3年ほどボイストレーニング(以下、ボイトレと略する)を受けた経験があります。

そこで培った、ボイトレ費用を劇的に節約する方法を紹介します。

 

というより、

「いかに効率よくトレーニングを進め、費用のかかるレッスンへの依存度を下げるか?」

を試行錯誤した経験談です。

 

ボイトレに興味があるけど、費用をなるべく抑えられないかな、、?

ボイトレをやっているのに、なかなか上達しない、、。

そんな方に向けて、筆者が実践した5つの方法です。

 

  1. 毎日練習の時間を取る
  2. ランニングなどの有酸素運動を習慣化する
  3. 仕事や学校にて、人前で話す/歌う機会を作る
  4. 自分の声を録音して聞く&直す
  5. 合唱団やカラオケサークルに入る

 

え?ぜんぶ自主トレ、、?

はい。結局は自主トレの質を上げるしかありません。

 

大抵のボイトレというものは、

「1~2週間に一度、1~3時間ほど講師からレッスンを受けること」

です。

 

つまり、レッスンの合間にどれだけ上達し、次回のレッスンでアピールできるか?

 

が学習を進めるカギ、ひいては費用を抑えるカギになります。

他に方法はありません。

 

では、一つずつ紹介していきます。

 

毎日練習の時間を取る

練習は毎日してください。

当たり前のようで、実行できる方が少ないです。

 

声帯や横隔膜は筋肉です。

一日使わないだけでも、それなりに衰えてしまいます。

 

最低でも5分は教わった基礎訓練をしましょう。

最悪、リップロールやハミングだけでも構いません。

 

 

すでに話すことや歌うことが好きな方は心配ないですが、発声に苦手意識を持ってボイトレを始めた方も多いと思います。(私はそうでした。)

まだ声を出すことが億劫ではないでしょうか?

 

とにかく「毎日動かす!」

これが感覚や筋肉を衰えさせないための最低条件です。

 

せっかくボイトレをやるのですから、慣れるまでは毎日練習してください。

最初はツラいかもしれませんが、上達を実感できると一気に楽しくなりますよ!

 

 

スポンサーリンク


 

ヒトカラが最強

 

練習環境はやはりヒトカラが一番です。

最初は恥ずかしいかもしれませんが、店員さんは慣れっこなので気にする必要はありませんよ。

 

最近は「ひとりカラオケ専門店」なんてのもあるそうで、、

もはや恥ずかしがる理由もありませんね。

→ ワンカラ

 

 

私は一時期、週4ペースでヒトカラに通っていました。累計で100回以上は利用したと思います。

だって必要なものが全て揃ってるじゃないですか。

防音設備、空調、トイレ、ドリンク、練習用の音源もかけられるし。

 

なお、費用の安さは歌広場が最強です。

他のお店も十分安いですけどね。

 

歌広場でのヒトカラは、1時間で300~400円程度です。(平日18時までなら)

ボイトレは1~2時間で3,000~10,000円くらいしますので、いかに自主トレが経済的かわかります。

 

だらだら講師付きレッスンを続けるより、全力で自主トレを積みましょう。

それが上達への近道であり、費用を抑える最善策です。

 

ちなみに、私はヒトカラに行けなかった日は、深夜か早朝に自宅近くのトンネルで練習をしていました。誰もいなくて大声を出せるから。

歌手の平井堅さんも若い頃、ハスキーな声を手に入れるために海辺で叫んで喉を痛めつけた、というエピソードを残しています。

 

あなたの近くの「声が出せる場所」も、すでに誰かが占領しているかも。

早いもの勝ちです。敗者はおとなしくカラオケ屋に行きましょう。

 

ランニングなどの有酸素運動を習慣化する

有酸素運動を取り入れて、心肺機能を鍛えてください。

 

もちろん歌うだけでも構いません。

しかし、運動が嫌いでないならば、毎日少しでいいので有酸素運動をしましょう。

ランニングか水泳を習慣化している歌手は多いです。

 

「千の風になって」で有名な声楽家の秋川雅史氏のウィキペディアにはこうあります。

きちんとした声を保つ為に毎日フィジカルトレーニングを行っている。25mプールを息継ぎなしで泳ぎ、それを計600m。その後2kmのランニング、腹筋、背筋、懸垂をし、その後に発声練習をすることが日課となっている。

 

ここまでする必要はないにしても、身体は楽器であり、楽器は筋肉です。

鍛えるに越したことはありません。

 

※ ちなみに、腹筋や背筋などのウェイトトレーニングには、ボイトレには逆効果という専門家も多いです。しかし、有酸素運動には、副作用は一切ないと思います。

筆者はもともとランニングをする習慣があったので、一時期は毎日15キロほど走っていました。

 

 

仕事や学校で、人前で話す/歌う機会を作る

もしチャンスがあれば、人前で声を出す経験を積みましょう。舞台慣れしましょう。

仕事ならプレゼン、学校なら課題の発表などに、積極的に手を上げてください。

 

成功すると大きな自信につながります。

さらに「いい声だね!」なんて褒められた日には、話すことや歌うことに喜びを感じるようになるでしょう。

 

もし失敗しても大丈夫。

その心意気はかならず次につながります。

 

笑う人もいるでしょう。

しかし、あなたの挑戦する姿はきっと美しいはず。

 

筆者はもともと発音障害があり、人前で話すことが大嫌いでした。

→ 2020/5/7 イ段を発音できない症状は治せる!機能性構音障害の治療経験レポ

 

しかし、1000人規模の会場でのプレゼンを乗り切ったとき、人前で表現することの快感に目覚めたような瞬間がありました。

とにかく場数を踏むこと!これはボイトレのレッスン環境では獲得できません。

普段からチャンスを伺いましょう。

 

自分の声を録音して聞く&直す

ある程度慣れたきたら、必ず自分の声を客観的に確認しましょう。

 

怖いって?

そうですよね。自分の声を聞くのってメチャクチャ嫌ですよね。

 

「・・こんな恥ずかしい声で生きてきたの?」

とショックを受けるものです。最初は誰もが。

 

しかし、そのギャップは乗り越えなくてはならないものです。

ICレコーダーを買って、納得が行くまで録音&確認の練習をしましょう。

 

ボイトレに通う時点でもう持っているとは思いますが、もしなければ買ってください。

レッスン一回分の料金程度で買えます。

せっかくなので、耳も鍛えておきましょう。

 

それにレコーダーを使えば、ボイトレのレッスン内容を家に持ち帰ることができます。

スマホの録音機能でも構いませんが、やはり専用機でないと音質が微妙です。

 

ちなみに歌手の小柳ゆきさんは、録音&修正の繰り返しでもって歌を練習されたそうです。

10歳の頃に姉の持つCDの中から永井真理子などをこっそり取り出して、それを聞いたりそれにあわせて歌ったりしていた。そして、姉の勧めで自分の歌をラジカセに録音して練習するようになった。 

wikipedia より引用

 



合唱団やカラオケサークルに入る

もし歌うことに抵抗がなく、かつ時間が許すのであれば、

合唱団やカラサー(カラオケサークル)の門を叩いてみましょう。

 

なぜなら、ボイトレのレッスンを加速させる要素が盛りだくさんだからです。

 

・費用がボイトレより安い(一月5,000円くらいの所が多い)

・プロ指揮者からの指導や、仲間からの批評を受けられる

・他の人がどんな話し方、歌い方をしてるか学習できる

・人前で歌う or ステージに立つ経験が得られる

・楽しい!

 

学習にはアウトプットが必要です。

ボイトレするだけでは、レッスンしてるだけでは前に進みません。

 

上手に話したいなら話せる場所を、上手に歌いたいなら歌える場所を・・

自分から切り開いていきましょう。

 

この頃になると、ボイトレの進め方への理解も深まっているはずです。

むやみに時間やお金を垂れ流すことも、もはや無いでしょう。

思えば遠くに来たものです。



まとめ

「いかに効率よくボイストレーニングを進め、費用のかかるレッスンへの依存度を下げるか?」

 

答えはカンタン。

積極的に練習を進める。これだけです。

 

・・そして、定期的にプロから指導を受ける。

これを高速で繰り返す。そのために環境を効率的に作る。

 

当たり前のことですが、最初の一歩を踏み出す前は、いつだって怖いものです。

そんな方の背中を少しでも押せたなら、筆者がガムシャラに得た経験も浮かばれます。

 

そうそう。

ボイトレ費用を節約できたら、そのお金で好きなアーティストのライブや、好きな役者の舞台を観に行ってください。

他人の表現に感動すること、これが最強のトレーニングです。

 

 

ポチトレ

 

スポンサーリンク  

コメント

タイトルとURLをコピーしました