骨噛みの神聖さを一瞬で理解できる方法

骨噛みホネハミってご存知ですか?

火葬の後に遺骨を少しだけ食べて、亡き故人と一体になるという情熱的な弔いスタイルです。最近の若者は知らないだろう?ってニュースになってます。

2018/2/11 LBB TODAY 料理愛好家の平野レミ、亡き父の骨を食べる!

初めて知った方はビックリしますよね。古い風習とはいえ、人間の骨を食べるの?ウゲー!

しかし、この風習は愛情から生まれたものです。そして、深い叡智が隠された営みでもあるのです。

骨噛みは神聖な風習である

骨噛みの起源は諸説あります。

とある葬儀の際、遺族の一人が「故人と別れるのは寂しいから、せめて自分のうちに取り込みたい!」と思って衝動的に骨を舐めてしまい、それが後に一般化した、というのが有力な説です。つまり愛情故に食べる。

食べるために殺すのではなく、きちんと殺すために(弔うために)食べるのです。

この行為が気高いと受け止められたからこそ、骨噛みは文化として受け継がれてきました。

死体を食べると聞くとゾッとするかもしれませんが、動機が美しいと印象も違うものですね。

実は誰もが日常的にやっている

でもよく考えてみたら、動物の骨なら毎日のように食べてますよね?魚の骨とか豚骨スープとか、おいしくて栄養満点ですよね?

だから人間の骨だからって騒ぐことはない筈です。わざと殺して食べたワケでもないのだし。全ては単に気持ちの問題だと、身をもって理解できるのではないでしょうか?

このように、私たちは何を食べるかよりも、どう食べるかに強く影響されています

それは投影された想いであって、実体とは関係がありません。

遺骨を食べたって故人にはなれませんし、魚を食べても人魚にはなりません。

それでいいんです。全ては気持ちの問題だから。

そもそもの話、故人とあなたを隔てるものなどありません。骨噛みをしてみれば嫌でもわかります。

食べてしまえば、故人とあなたの距離はゼロになるからです。どっちがどっちだが、もはやわかりません。

実はこのメカニズム、故人が生きていた頃から機能していました。

どういうことか?

骨噛みが示唆する深淵なる気づき

「生物はどの時点で生まれ、何をもって死んだと見なすのか?」

誰もが納得する定義は、科学的にも宗教的にも未だ出ていません。現実的な例で言えば、脳死や中絶の問題が厄介なのはそれが原因です。

なお日本の葬儀を司る仏教的な観点では、そもそも私とあなたを隔てるものなどなく、死というものは事実というより解釈に近い、とされています。全ては諸行無常、実体なく流転し続けるのですから。

だから、

骨噛みをキモチワルイと感じても、鶏の骨からとったスープを美味しいと感じても、どっちだってOK!それは解釈の違いに過ぎません。

なんだってOKです。

ちなみに骨噛みは、簡素化が進む日本の葬儀文化にピッタリだと思います。

長い儀式をシンプルにしつつ、その意義をより鮮明にできます。当記事で主張した骨噛みの意義は、実はお経の内容と酷似しています。こっちのほうがダイレクトに理解できるでしょ?

→ 別記事  0葬や散骨が不安なら骨噛みがオススメ!あなたがお墓になればいい。

次が本題です。骨噛みの魅力をあっという間に体得する方法を、ご紹介させて頂きます。

骨噛みの神聖さを一瞬で理解できる方法

ところで、私は平野レミさんのハイテンションな料理番組が大好きです。息子さんの曲もカラオケで歌うし、その奥さまが歌うおなら体操も好きでした。

久々におなら体操を見ていたら、ふと催してきたので、逆らわずに「ブッ!」と放屁したところ・・

その瞬間、私に天啓が訪れました。

おならって食べたものを消化する過程で生まれたガスですよね?

ってことは食べたもののご遺体だ!

気体バージョンのご遺灰だ!フレグランスつきの!

つまり、

おならを嗅ぐこととご遺灰を食べる骨噛みは、本質的に同じ行為だったのです。

なんということでしょう。握りっぺは神聖な行為だったとは。

これは屁理屈ではなく科学的事実です。むしろ遺骨を崇めたり、おならを蔑む態度のほうが迷信的ではないでしょうか?実体としては同じものなのですから。

ここで遺言を残します。

1.私の火葬の後には遺灰を食べた後に、参列者全員で握りっぺ合戦をすること。

告別式の前にはイモでも食べて万全の状態で臨むこと。恥ずかしがって逃げた場合は故人への冒涜とみなされ、呪われる可能性があると覚悟すること。

2.万が一、告別式のお経が退屈だった場合、お坊さんに背後から忍び寄り、握りっぺをお包みし耳元で囁くこと。

「仏教で言う” 空 ”とはこれのことですか?」

3.もしその時のリアクションに納得できなければ、全員で効果音を鳴らすこと。ブブー!

以上です。頼みました。

ふざけてはいません。現状の惰性丸出しの葬儀より、まだマシになると思います。

あなただけの遺骨なんて存在しない

成人の骨細胞は約3年で全てが入れ替わるそうです。

今この瞬間も、私たちの骨たちはスクラップアンドビルドを続けており、その骨は食べたものの栄養から合成されています。それは今朝飲んだ牛乳からできているかもしれません。

私たちの右腕の骨は、以前は別の誰かの骨でした。

左腕の骨は以前はクジラの骨だったのかも、その前は極悪人の骨だったかも、あるいは聖人の骨だったのかも。

つまるところ骨(カルシウム)はリサイクル資源であって、誰かの専有物ではありません。誰にも独占はできません。

だから「誰々の遺骨」なんてのも概念に過ぎません。そんなの一時的な状態だからです。生命は循環し続け、不変の実体などないからです。

生命とは、ある時は愛する人の骨であり、ある時は憎いアイツの骨であり、ある時はさっきしたオナラだったりするものです。それは同じ存在に対して、別の解釈を与えただけに過ぎません。

仏教のコアメッセージは、実はそこにあります。意味不明な葬儀やお経よりも、骨噛みをした方が理解しやすいかもしれませんね。

すかさないで

この記事に対する評価を教えてください
  • とても良い
  • ふつう
  • とても悪い
  • 良い
  • 悪い
スポンサーリンク