移動動物園の崇高なる黙示に気付いた話。実は大人向けでもあった。

近所をドライブしていたら、モデルルームの前に人だかりを見つけました。半分は子どもたちです。ガキンチョ共が住宅に喰いつく筈もなく、よく見たら移動動物園が催されていました。

なるほど。まず子どもをおびき寄せてから、本命の若い夫婦と接触する作戦か。

いい年した大人がそんな罠にかかるとでも?

うおー!カワイー!

人懐っこい子牛ちゃん!山羊ちゃん!

近くで見ると意外と強面。

キューキュー鳴く子豚ちゃん!

働き者のポニー!ちょっと疲れ気味?

この時ばかりは犬には誰も寄り付きません。珍しくないから。ジェラシーでふて寝だワン。

同じ種の動物でも性格はバラバラです。フレンドリーなのもいれば、ストレスだか退屈だかで目が死んでるのもいます。

愛嬌のないアヒルは不人気です。保険会社のCMに騙されました。このアヒルがスネて見えるのは私だけ?

顔のキツイ七面鳥。子どもが寄り付きません。

まぁ気にするなよ。クリスマスや感謝祭の時は世界中で愛されるさ。

カモちゃん!ウサギちゃん!モルモットちゃん!群れて固まる習性がカワイイ。

マウスちゃんもいるよー。

キャワイイねー♡

フランクフルトも売ってるよー♡

焼き鳥にとん汁!

どれにしようかなー。美味しそー♡

・・・?

Σ(゚Д゚)!

おお。・・・なんていう悪意だ。私たちを骨抜きにした可愛い生き物たちは、

普段食べたり動物実験に利用している種ばかりです。

この光景は天国か、それとも地獄か?

ははーん。動物園側の狙いの一つはそこか。間違いない。明言せずとも伝わるように出来ている、静かなる反骨精神すら感じる。

ふとあたりを見渡すと、かわいー!かわいー!とはしゃぐ子どもたち・・・と大人ども。大人もまったく同じ反応です。

子どもはいいんです。こうやって動物と触れ合って親しむ経験をしないと。いっぱい可愛がってな。でも大人は、、。

子どもたちの中には、やがて菜食主義者になる子もでてくることでしょう。そうでなくても、いずれは愛でてきた動物達を食べていた真実に直面します。

(・o・) 「ねえパパ、どうしてカワイイ牛さんを食べるの?」

(・o・) 「ねえママ、今日から私ベジタリアンになりたいの。」

こんな日が訪れます。しっかり答えられる準備はできていますか?

と言ってもほとんどの子は直にフレッシュさを失い、我々大人と同化していきます。そして歴史は繰り返す。

10年後には状況が変わっていることを願うばかりです。

それにしても、動物園の関係者はなんと器が大きいことか。

こんなにも優しく、気長に地味に、ひっそりと雄弁に、私たちをサポートしてくれていたなんて。そして動物たちはどんなに大切なことを教えてくれていることか。

え?モデルルームはどうだったって?

知るか。

触れ合って♡

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ

この記事に対する評価を教えてください
  • とても良い
  • 良い
  • ふつう
  • 悪い
  • とても悪い
スポンサーリンク