肉フェスVSヴィーガンの聖戦に折衷案がある。

ヴィーガンと肉食
この記事は約4分で読めます。

今日は4/29、ニクの日だ!

いま話題のお台場の肉フェスに行ってきたぜ!

 

よっしゃー!みんな、旨い肉喰って、酒呑んで騒ぐぞ!

イエェェェェェェーーーーイ!

 

 

 

 

 

そうくると思ったぜ!

これは冗談でもなんでもなく、会場の入り口でまず目にした光景だ!

動物愛護団体あたりが設置したんだろうな!まぁ想定内だ!

 

フランチェスコの兄貴かな?そっちの肉フェスも楽しそうだな!

だが腹の足しにはならねぇがな!

 

写真の代わりに実物のミニブタを連れてきて、盲導犬の募金みたくモフらせればより痛快だったな!

 

これは肉に限った話じゃねぇだろ!

 

まぁ、そう言いたいんだろうな。

半分は賛成だ。

その半分は何かっていうとだな、、。

 

隣を歩いていた若者たちの一人が呟いてたよ。「これは今見なきゃいけないやつなの?」

 

当たり前だろバカ野郎この野郎!

会場入り前か出てきた直後がベストタイミングなんだよ!

みんな写真を見て気分を悪くしたかもな?でもこれは単なる事実だ。過激でもなんでもねぇ。

 

但し、「屠畜=残酷なだけ」ってイメージは明らかに行き過ぎで、畜産関係者を意味なくディスってるがな。

 

今回はその程度なら目をつぶるか。

何も考えずに喰うだけの連中で溢れてるよりはマシだからな!

肉を食うだけで家畜の犠牲は見ようとしない奴らを減らすこと

これには大賛成だ!

 

 

もう半分は反対だ。こっちも説明しよう。

俺は肉フェス主催者とヴィーガン集団の中間の立場だ。

別にみんながヴィーガンになる必要なんてないんだよ。

真実を受け止めてくれさえすればな!その上で食べるならな!

いざという時、自分の手で動物を絞める覚悟と責任を意識できるならな!

そしたら何の問題もねぇよ。

肉を食べることは決して悪じゃないからな!

→ 別記事 うざいヴィーガンの本質は木を見て森を見ずかもね。

 

 

あと知ってるか?会場を去った後も肉フェスは決して終わらないんだぜ?

現代社会はいつでもどこでも肉フェスだからな!

冒頭の写真たちは毎日の生活にも関係してるってことを、脳ミソに叩き込んで忘れんなよ!

 

この肉フェスいたく気に入ったぜ。俺も次回は出店者側で参加してやろうかな!

その場でチキンを捌いで調理するナチュラルな店をな!

子牛や子豚とのふれあいコーナーがあって、その横で新鮮なスペアリブを売るのも面白そうだな。

その隣には・・・わかるな?

 

 

要するにすべて包み隠さず屠って食べる店だ!

衛生面や法律面の縛りで、どこまでできるかわからねぇけどな。

 

名付けて「げんしじんクラブ」だ!! Check it out!!

スペシャルアドバイザーは浅田真央さんにお願いしてみるか!

それこそ海の近くだったら自分で魚を捕ったり、山に出て狩りをしてイノシシとかを捌いたりとか、そういったことをしてみたいんです。食べることが好きだから、それが一番の贅沢なのかなと思いますね。 by 浅田真央

 

 

話を変えるぞ!

実は肉フェスなんて目新しくもなんともないんだぜ!?

俺たちの祖先が何万年も前から続けてきた、人類最古のフェスだからな!

食って飲んで歌って踊る!人間なんてそれで満たされるんだよ!

たとえ、近くに動物の死骸が転がっていようがなかろうが、どっちでも楽しめる筈なんだよ。

 

それが嫌だとしたら、何かが狂ってるってことだな。

だからこそ、俺のげんしじんクラブの構想は、時代遅れでも残酷でもないとわかってくれるな!?

 

ただ原点回帰するだけだ!

俺たちが忘れちまった当たり前のことを思い出すためにな!

じゃあな!!!

 

→ 別記事 肉フェスを100倍楽しむ方法!空腹を超える極上のソースがある。

 

 

Check it out!!

スポンサーリンク  
この記事に対する評価を教えてください
  • とても良い 
  • 良い 
  • ふつう 
  • 悪い 
  • とても悪い 

コメント

タイトルとURLをコピーしました