屠畜童貞を捨てたら肉食観が360度変わった話。

健全な男子として申し上げます。

昔:普通のAVは飽きた。無修正AVが見たい。

今:やっぱモザイクがあったほうがエロい。

そして今、健全なゆるヴィーガンとして申し上げます。

昔:美味しい肉をたらふく食いたい。動物を殺すのなんて見たくもない。

今:肉は別に食べなくてもいい。動物の屠畜を普通に見れるし、一応実行もできる。

なぜ180度変化したのか言うと、

それはひとえに現実を経験したからです。妄想ではないリアルを経験したからです。

初めてセックスした時に思いました。

(。´・ω・)? 「想像してたのと違う、、」

(^-^; 「こんなものなのか?思ったほど楽しくないし、相手も楽しんでない。・・・先は長いな。」

そして、俺はもう童貞じゃないぜと謎の達成感を得つつも、うまく表現できない、ある種の宿題を与えられたよう気がしました。

そして経験を積むにつれて、その感覚は徐々に強まっていきました。

初めて動物を絞めた時に思いました。

( ノД`)シクシク… 「想像してたのと、、、違わないけど、、、ううう、、、言葉にできない。」

「でも食ったらうめー!」

そして、なんで俺はこんなことしてるんだ?と思いつつも、うまく表現できない、ある種の宿題を与えられたよう気がしました。

そして経験を積むにつれて、その感覚は徐々に強まっていきました。

それでもしばらくの間は、確か5年以上の間は、やっぱり無修正でしょ!いやいや気にしないで肉をガンガン食おうぜ?などと振り子のように気持ちは揺れ動きました。

様々なことを考えては試し、ああでもないこうでもないの繰り返し。

更に時間が経ち、振り子の揺れが収まった頃に気づきました。もっと大切なことが他にあると。

セックスはこうでなきゃいけないとか、肉を食べるならこう考えなきゃいけないとか、何が正しくて何が間違っているかとか、、、

全ては根拠のない思い込みでしかない。

と腑に落ちたある瞬間、かの元世界チャンピオンのように人生観が360度変わりました。

日本のファンタジーAVによる洗脳を解くのは現実のセックスしかなかったように、

日本のファンタジー肉食文化による洗脳を解くには、現実の屠畜経験がやはり最適なのでしょう。

経験の有無はすなわちオナニーとセックスほどの違いです。

今思えば、若かりし頃のあの想像力がいじらしい。

童貞は恥ずべきものと思わされていたのも、屠畜童貞は捨てるのは怖いと恐れていたのも、終わってみれば、ただのアトラクションだったと気づきます。

あーあ。もっと愉しめばよかった。

などと抜かすのは片腹痛い。世界は深淵で謎に溢れていて、新しい発見や経験がなくなることはありません。

あらゆる分野の童貞であり生娘だと自覚し続けることが、人生を楽しむ秘訣のようです。

クリックが楽しいのは1日2回まで。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ

この記事に対する評価を教えてください
  • とても良い
  • 良い
  • ふつう
  • 悪い
  • とても悪い
スポンサーリンク