ホワイトタイガーをやめれば万事解決?その次がある

見た目が珍しいから動物園で人気なホワイトタイガーちゃん。

(単に白いだけで・・・)

ホワイトタイガーの繁殖には、遺伝的な事情から近親交配を繰り返さざる負えない。

・・・・だったらもう飼育するのやめるわ!と動物園。

2018/6/7 日テレNEWS24 「ホワイトタイガーやめます」動物園の思い

動物園サイドから言ってくれたのが革新的です。でないとみんな気づけないしね。

ホワイトタイガーだけじゃない

このニュースは肯定的に受け入れられたようです。やはり今後は、動物との適切な付き合い方を考え直す時代なのでしょう。

だからこそ声を大にして言いたいのは、この話はホワイトタイガーだけではなく全ての動物が対象だってことです。

なぜなら動物との関りは、ほとんどは人間の都合で制御されたものだから。

もう少し視野を広げると・・

事実にはキチンと目を向けなければ、必ずツケが回ってきます。

例えば、ホワイトタイガーは肉食だから、飼育にはエサとなる動物が必要です。裏で犠牲になっているのはみんな知ってますよね?(考えたことなかっただと?この馬鹿野郎!)

彼らが受けた扱いは、近親交配どころではありません。

動物園にいる動物は、野生に居たところを人間に捕まって、飼育や繁殖をさせられた結果として展示されています。彼らが好んできたワケではありません。

捕獲の際には、10匹捕まえて良さそうなのを3匹選抜、そして残7匹は殺す。なんてケースもあります。

殺すのは悪とは限らないが、見て見ぬ振りは悪に近い

じゃあ動物を殺すのは必ずしも悪いことか?というと、そんな簡単ではありません。

奈良では伝統的にシカが保護対象になってきましたが、2017年には駆除の許可が下りました。

なぜなら農作物を食い荒らすから。そしてその被害額は数百億円にも上り、何の保証もないため農家は泣き寝入りするしかないためです。

このように利害がバッティングする場合は、獣害として処分しなくては人間が生きていけません。というか獣害以前に、ペットの犬猫ですら殺処分が絶えないのが現実です。

こんな状況下ですから、ハッキリ言えばトラ一匹でおセンチになっていてはいけません。その辺の知識があれば、おセンチになれるはずがありません。

なにより、食卓に上がるお肉たちだって、もともとはカワイイ動物です。

「ちくしょう!俺だって白ければもっと・・・」

じゃあどうすればいいの?

結局のところ人間と動物との関りは、全てが人間の支配力で創り出されたものです。

どれだけ動物愛護をがんばっても、人間目線のエゴの壁を超えることはできません。

せめてその前提を忘れないようにするのが関の山です。

動物をかわいがって守るだけでは人間が生きていけません。支配して殺すだけでは今度は感情が納得できません。

どうやら適切な距離感ってものがあるようですね。

動物達は同じ地球に住む隣人であると共に、生存競争のライバルでもあるのだから。

殺しあってみたり愛し合ってみたり。なんだか人間同士の関係とダブって見えます。

そりゃ面倒くさいわけだ・・・。

ヒトの揺れ動くこころ

これをスマホで書きながら買い物をしてたら、財布の中からおっさんの声がしました。

「智に働けば角が立ち、情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。 とかくに人の世は住みにくい。」

人の世だって?動物を含めたら、輪をかけてやっかいだな。

そういえば、彼の代表作「こころ」は、友人を裏切って自殺させたことを悔やむ男の話でした。近代を代表する文学作品として教科書等にも載り、多くの日本人の心を揺さぶった物語です。

その一方で、年間数百億匹の動物が人間の手で殺されているのが現実です。ノンフィクション。

(なのにホワイトタイガー一頭の扱いがニュースになってます。)

彼らは文句ひとつ言わずに死んでいき、その後呪われた人間、後悔して自殺した貴族などもいないようです。

このままではイケないと感じるなら、私達は変わらなくてはいけないようです。

表面的なかわいさだけに囚われるのは、そろそろ飽きてきませんか?

クリック心のないものはばかだ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ

この記事に対する評価を教えてください
  • とても良い
  • 良い
  • ふつう
  • 悪い
  • とても悪い
スポンサーリンク