誰もがペットロスを乗り越えられる魔法。毎日のおいしい食事

ペットロスの悲しみを癒すには、モリモリご飯を食べましょう。

生きるとは食べること。食べるとは殺すこと。

殺して食べることは、命が別の形に変わること。

食事をすれば、その流れを思い出せる筈だから。

亡くなったペットも私たちも、全てがその流れの一部だから。

それを理解するために、食事ほど良い方法はないのだから。

非情になれという意味ではありません。

まずが気が済むまで泣き叫ぶのをおススメします。周りの人が何と言おうが、悲しいものは悲しいんですから。

我慢しないで徹底的に悲しみ切ってOKです。

そして泣き疲れてお腹が減ってきた所で、ご飯を食べましょう。

誰かと一緒に食べるのもよいです。

私はペットの犬が死んだ時には酷く落ち込みました。しばらく何もできなくなった。

ジュウシマツ(小鳥)が死んだときもそう。カブトムシも金魚も。

それでも、2~3日もすればお腹が空きます。

ご飯を食べながら生活していくうちに、徐々に悲しみは和らいでいきました。

多分、人はそういうものです。

そういえば、日本のお通夜でもなぜかお寿司をつまむ習慣がありますね。

別に肉を食うなという意味ではありません。

肉だろうが野菜だろうが同じです。心から美味しいと思えるものを、好きなだけ食べてください。満足しきってください。

現代人は何を食べるかに拘りすぎです。カロリーがどうとか、栄養素がどうとか、頭でっかちすぎる。

そんなのは一旦置いといて、食べたいものを好きなだけ食べるのがコツです。

(太る?あとでダイエットすればいいじゃん。)

とにかく、ペットロスで悲しい時こそたらふく食べるべきです。

大切なものが生まれたら食べる。

大切なものが死んでも食べる。

何も起きなくても食べる。モリモリ食べる!

これで全てうまくいきます。

なぜかって?

大切なペットを失った悲しみ以上の喜びを、そのうち見い出すから。

あらゆる生命は繋がっていて、そこから外れるものは何一つ存在しないから。

昨日の晩ごはんが、誰かの可愛い子どもだったように、今日死ぬ何かは、誰かのおいしいご飯に変わるから。

全ては形を変えながら循環するから、それをコントロールできる人は何処にもいないから。

亡くなったペットも、おいしいご飯も、私たち自身も、本質的な違いはないから。

だから安心して悲しんでOK!もちろん悲しむのをやめたってOK!

ペットロスの根本解決にはこれが最も簡単です。とにかく食事を楽しむことです。

そうすれば必ず、あの悲しみはそう悪いものではなかったと思える日が来ます。

私の実体験から保証します。

モリモリ押して

この記事に対する評価を教えてください
  • とても良い
  • とても悪い
  • 良い
  • ふつう
  • 悪い
スポンサーリンク