「名は体を表す」はズレてる。順序が逆と気づくと大きなメリットが

人間の認識について
この記事は約3分で読めます。

「名は体を表す」

名はそのものの実体を表している。名と実は相応ずる。

出典:デジタル大辞泉

 

このことわざ、ズレてないでしょうか?

まず世界が先にあって、後から名前を付けたのだから。

 

「体」に投影したイメージを「名」として与えた以上、両者が一致するのは当たり前です。

「体を表すために(都合のいい)名をつけた」とでも言えばいい。

 

勘違いが問題になる時

例えば、馬の肉が「桜」と呼ばれるようになった理由。

肉食を禁じられていた昔の僧侶たちが「これは桜であって肉ではない」と言い張って肉を食べるための屁理屈として別名をつけた、という逸話があります。

 

他の獣肉の別名も同じ経緯でつけられたのだとか。

 

・牡丹(ぼたん)=  イノシシ

・紅葉(もみじ)=  シカ

・柏(かしわ) =  ニワトリ

 

つまり名前のイメージだけで、判断しちゃうリスクを抱えます

 

名前は単なる記号であって、実体ではないのに。

いわゆるダブルスピーキングというやつで、現実社会でもよくある話です。

 

・大量殺戮 = 民族浄化 (ナチス)

・ポイント獲得 = 割引の先送り(得した気分になれる)

・精神分裂病 = 統合失調症 (患者への配慮)

・動物の死肉 = 神戸牛のシャトーブリアン(ブランドの誇示)

・犬料理 = 「ポメラニアンのラタトゥイユ。季節の肉球を添えて」(ステキ!)

 

 

弱者を保護するために、悪いイメージを覆い隠す目的もあれば、

弱者を操作するために、悪いイメージを覆い隠すことも。

 

そこには誰かの思惑が働いています。大抵は黒い思惑が。

 

勘違いのせいで余計に苦しんでいる。

なによりも、多くの人が損してるのは、

 

「自分」が「世界」と独立して存在している、と勘違いしていること。

そりゃ寂しくて不安にもなります。こんな世知辛い社会で孤立するだなんて。

 

 

世界に孤立した存在というのはありえません。

川と海に境界がないように、あれとこれの分別は後付けされたもの。

 

毎日を苦しみながら生きてる私たちも、肉体から精神まで、100%世界そのものです。

世界に見捨てられることは不可能です。誰もが同じ条件にいるのだから。

 

これを実感してる時は、心の底から安心できるはずだから。

 

 

古めかしい言い方だとこうなります。

「世界に見捨てられることは不可能」 = 「諸行無常:全ては実体無く移り変わる。」

「名は体を表す」 = 「色即是空:全ての物事に実体はない。」

「体を表すために名をつけた」 = 「空即是色:実体がないから全ての物事になれる。」

 

 

あれ?少し違うかも。

まぁ大体は合ってればいいや。

 

現象に名前を付けただけで、理解した気になるよりはマシです。

 

 

 

ブログランキングのポイントバナー

舞踏への勧誘

 

アイキャッチ画像 by WikiImages

河口画像:by Atlantios

全てPixabay より

 

スポンサーリンク  
この記事に対する評価を教えてください
  • 良い 
  • とても良い 
  • ふつう 
  • 悪い 
  • とても悪い 

コメント

タイトルとURLをコピーしました