炎上した狩りガール、児玉千明議員のクレバーさは必ず認められる

動物との付き合い方
この記事は約3分で読めます。

獲物の解体写真が「命の軽視だ!」と炎上した、狩りガールこと児玉千明議員。

彼女は極めて優秀です。なぜなら、

 

結果的に自分(児玉さん)以外誰一人傷つけずに、目的を果たしたからです。

(万が一偶然でも、それはそれで才能。)

 

Yahooニュース 2019/3/26 猟師議員の獣肉解体写真が物議。命を軽視している?マグロ解体ショーはよいのか? (2021/3/30リンク切れ)

 

コメント欄を見ると、多くの人が関心を持ちつつ、悩んでいることがわかります。そこに一石投じただけでも十分な成果かと。

 

 

鮮やかな問題解決センス

騒動の後、彼女は釈明コメントを出しました。

「残酷、汚いといった鳥獣処理の悪いイメージを払拭するのが目的だった。不快にさせ、さらに町などに迷惑をかけてしまったのは反省している」
炎上の結果、多くの人にこの問題を考えさせ、広く周知させることに成功しています。悪印象を持った人がいたとしても、その10倍以上の人に、適切な問題提起を果たしました。
彼女がやったことと言えば、いつもの解体を「白目を添えて」SNSに公開しただけ。それだけ。

 

・・脱帽です。

優れた職人は硬い岩石を加工する際に、石目を見極めて最適な割り方をするそうな。

議員でもある児玉さんは、複雑な問題を簡単に解決するセンス、という政治家の適正を広く証明してみせました。

 

迷惑なんてかけてない

一連の騒動で彼女の名誉が傷ついたとか、自治体に迷惑をかけたように見えるのは今だけです。あとあと再評価されるので全く問題なし。

そこまで見越してたなら、末恐ろしいです。

 

このテーマは伝えるのが難しく、多くの人が試行錯誤を続けている領域です。

批判元である動物愛護団体、若手猟師が欲しい猟友会、差別や誤解を正したい畜産業界、命について理解を促したい作家や宗教家や哲学者、アクセス数の伸びないブロガー・・

 

それらの努力が、顔芸一発に負けました。

 

身をもって手本を示して、社会を少しずつ変えていくっていうね。

最初は嫌われても、後々感謝されるっていうね。

まさに政治家の鑑。高浜町は良い議員を選びました。

 

 

今後も児玉議員の活躍に期待

児玉さんの目的であった「鳥獣処理の悪いイメージの払拭」と、

騒いだ人たちの目的であった「命が正しく扱われる社会の実現」は、

今後もじっくりと浸透させるべき課題です。ぜひもっと暴れまわって欲しいところです。どうやら他国でも同時に進行しているようですし。

若手の狩りガール兼議員なんて稀な人材な上、町内や国内のみならず海外にも発信する仕事が残っています。捕鯨問題とか。

 

 

・・尤も狩猟や肉食なんて古いテーマなので、とっくに結論が出ていたりします。

 

例えば般若心経なんかを読んでみて欲しい。このテーマに関心のある人には。

よく葬式で読まれてる有名なお経です。大抵の日本人は聞いたことぐらいあるはずです。

実はこれ、ダイレクトにこの話の智慧を授けてくれるテキストです。

禅の視点life様より 『般若心経』を現代語訳するとこうなる – 存在が存在することの意味を説くお経 –

 

智慧はとっくにあるんだから、実生活に役立てないと勿体ない。

足りないのは知識ではなく、知識を共有する力のようです。

 

 

 

白目を剥いてどうぞ

アイキャッチ:PexelsによるPixabayからの画像

スポンサーリンク  
この記事に対する評価を教えてください
  • とても良い 
  • 良い 
  • ふつう 
  • 悪い 
  • とても悪い 

コメント

タイトルとURLをコピーしました