肉フェスを100倍楽しむ方法!空腹を超える極上のソースがある。

肉フェスに遊びに行くと、大抵はうざいヴィーガン達が抗議運動をしてますけど、あれは実は味方です。欠けていた視点を補ってくれてます。

なぜなら、

肉フェスとは、食物連鎖の偉大さを思い出すためのお祭りだから!

それを頭に入れるだけで、ただでさえウマいお肉がさらに輝きますよ。

日本が肉フェスに沸く中、オージービーフで名高い豪州にて、空前絶後の肉フェスが準備中です。

2019/4/29 FINDERS オーストラリア政府、毒入りソーセージを飛行機から撒き、野良猫200万匹を駆除へ

ざっくり言うと、

・在来種の保護のために、ノラ猫200万匹を殺すよ。

・方法として、毒入りソーセージ(カンガルー肉製)を飛行機でばら撒くよ。

・毒は猫にだけ効く種類なので、他の生物には単なるソーセージだよ。

という計画を、豪州政府が進めています。

猫にとっては間違いなく肉フェス。まるで聖書で神が天から降らせたマナのようです。

見よ、わたしはあなたたちのために、天からパンを降らせる。」 出エジプト記16:4
神は愛で降らせ、人は自己愛で降らす。

マナはすぐに食べないと消えるのに対し、こっちは食べた側がすぐに消えます。

二次会は天国でどうぞ。

駆除は構わないから、初歩的な生態系の知識を広げて。

駆除は仕方ないです。人間だもの。身勝手だもの。

増えすぎた猫とカンガルーを同時に減らす案として、妥当かもしれません。

豪州は古来より肉食動物がおらず、天敵のいない環境だったツケとして弱い生物が多いようです。それこそ人間が持ち込んだ猫に、あっというまに絶滅されられるほどに。

豪州の悩みは、広大な国土とその生態系の繊細さ。こうでもしないと生態系がグチャグチャになり、取り返しが効かなくなります。苦渋の決断です。

だから豪州政府にはせめて、「食って喰われてが生態系の宿命」とアナウンスしてほしい。

そうしないのは大衆はバカでいて欲しいから。

操りやすい状態にして、反捕鯨キャンペーンとかで資金を集めやすくしたいから。

だから感情的にイルカだけ保護して、外貨になる牛肉は売りまくって、迷惑なカンガルーや猫は殺しまくり、で正義面して思想を押し付けてくる。

そうすれば大衆から支持とお金が集まるから。気色悪い。

でもこれ、日本人も同じか。

肉フェスの次なるステージ

肉フェスに終わりはありません。

カンガルーと猫のぶっ殺し計画にしたって、その死骸は必ず土に還ります。200万匹の猫の死骸は、他の生物や分解者たちの食事になります。

その分解者たちも、やがては他に喰われる運命です。私たちが普段食べてるものは全て、その延長線上にあります。なんだ、普段から肉フェスじゃん?

つまり肉フェスとは、食物連鎖の偉大さを思い出すためのお祭りです。これ絶対。

肉フェス参加者は食べて楽しむだけにフォーカス。

肉フェスを妨害したい人は殺すことだけにフォーカス。

どちらも一面的でもったいない。

両方事実なんだから、両方認めたらいいだけです。

それでも肉は美味しい。フェスは楽しい。

次の肉フェスでは和牛の解体ショーでもやればいい。

それが原点だったはずです。ご先祖たちはウホウホ言いながら火を囲み、獲物を焼いて食べていたことでしょう。決して死骸から目をそらさずに。

それがたとえカワイイ猫ちゃんの死骸でもね。

押しフェス開催。

カンガルー:Ethan BrookeによるPixabayからの画像

ソーセージ:Andreas LischkaによるPixabayからの画像

この記事に対する評価を教えてください
  • 良い
  • とても良い
  • ふつう
  • 悪い
  • とても悪い
スポンサーリンク