サッカーのシュミレーションはクソ!と批判できなくなる話

サッカーの話
この記事は約5分で読めます。

サッカーにおけるシュミレーションとは、「わざと転んで相手の反則に見せかける行為」のことです。

別名ダイブとも呼ばれ、シュミレーションの常習犯は名ダイバーと批判されます。

 

非紳士的行為としてよく非難の的にされますが、「人の振り見て我が振り直せ」とはよく言ったものです。

実は私たちも似たようなことを、日常的に繰り返しているのです。

具体的を挙げて説明します。

 

「シュミレーションなんてクソだ!」

「サッカー関係者は恥ずかしくないのか?」

と一概に批判できなくなるかもしれませんよ。

 

シュミレーションは勝負を大きく左右する

 

2018年ロシアW杯にて、日本VSコロンビア戦を観戦中に、隣にいた友人はこう言いました。

「ほら出た!あのみっともない芝居」

「だからサッカーは好きになれないんだよ」

 

彼の発言はコロンビアに一点返されるFKを与えたシーンを指しています。

 

長谷部が浮き球の処理でファールをとられましたが、どう見ても彼に落ち度はありません。

そもそも、まだ競りあってもいない段階、、、なのにファール?

皆そう思ったのではないでしょうか。本人も審判に抗議していました。

 

しかし判定は覆らず、嫌な位置からのFKに。

で、案の定一点とられました。

 

 

このように「みっともない芝居」で勝敗が左右されるのがサッカーなのです。

そんな非紳士的行為が横行するせいで、サッカーを好きになれない人が大勢います。日本人選手はあまりやらないんですけどね。

 

したたかさも勝負の醍醐味とはいえ、さすがに行き過ぎだとサッカー界でも問題視されているテーマです。

さらには、私たちファンにとっても残念な光景です。

選手と違って全体を俯瞰した視点から見てるし、VTRでも再確認できるせいでバレバレだからです。

 

そんな背景から、よくサッカーはこう批判されます。

「そんなんで勝敗が決まるスポーツなんてクソだ!」

 

しかし私たちには、この現象から学ぶものがあります。

 

シュミレーションを憎みきれない理由

要するにシュミレーションのせいでサッカーが嫌いな人は、曲がったことが嫌いなんですよね?

「スポーツは騙しあうものじゃない!フェアに競い合わなければダメだ!」って。

 

ちなみに前述したコロンビア戦の視聴率は50%を超えました。

国民の二人一人が関心を持っていたわけです。サッカーに興味がない人も巻き込んで。

 

もし肉食文化がスポーツでW杯があったらとしたら、視聴率95%は出るはずです。

日本の菜食主義者人口は5%位ですから。

 

サッカーのシュミレーションを嫌う心根の真っすぐな人たちも、こと肉を食べることやペットや家畜との関係性の矛盾については・・・驚くほど無関心です。

私はそれが腑に落ちません。

「人の振り見て我が振り直せ」とはよく言ったものです。

 

 

サッカーは文化活動に過ぎず、肉食は文字通り命のやり取りです。

毎日たくさんの動物達が死に、それを食べて私たちは生きています。

家族が死ねば大騒ぎし、ペットが虐待されれば激怒するくせに、このテーマは華麗にスルー。

 

本当は曲がったことが嫌いなんじゃなくて、何か別の理由でサッカーが嫌いだから、文句を言う口実を作りたいだけじゃないの?

なーんてのは私の被害妄想だとしても、なぜ菜食主義はこうも関心を持たれないのでしょうか?

 

 

それは真実が人を幸せにするとは限らないから。

人が欲するのは真実ではなく、都合のいい真実だけだから。

 

 

人生はシュミレーションで満ちている

物事(生命)に実直に向き合うよりも、ズルしてオイシイところ(お肉♡)だけ取ったほうが人生は楽しいです。

少なくとも表面的には。短期的には。

 

サッカー選手がわざと転んで試合を有利に運ぼうとするように、私たちは厄介なテーマはわざと見て見ぬふりして、毎日を楽しく過ごしています。

 

 

「そんなんで幸不幸が決まる人生なんてクソだ!」

と思う人は稀です。

 

だから私たちは皆、シュミレーションの達人です。

人生にカードをよこす審判はいないし、VTR判定もありませんから。

 

 

でも、そんなシュミレーションにも美点があります。

それは・・・

 

 

 

 

 

 

笑える。

 

 

日本のサッカーと食文化を発展させるために

話をコロンビア戦に戻すと、ハッキリ言ってあれは勝ってナンボでした。

いくら格上とはいえ、開始直後に相手が一人退場、しかもPK獲得だなんて超棚ボタ。

 

さらに、どういうわけか相手は動きが鈍かった。

流れを変えようと交代で入れた選手も、確実に精細を欠いていました。

コロンビア側に何があったのか知りませんが、日本が競り勝てたのは相手の自滅による部分が大きいです。

 

裏を返せば、万が一あそこから逆転負けしていたら、もはやチームは崩壊していたかも。

そんな状況だったから、同点に追いつかれた時はヒヤヒヤでした。

なのにメディアは大金星だ!と囃し立て、それに乗じた烏合の衆が渋谷で騒いでいます。

 

思い込みを煽って喜んで、思い込みを煽られて悲しんで。

これが幸せなサッカーファンなのでしょうか?

セルジオ越後さんの爪の垢ティーでも飲ませてやりたい。

サッカーダイジェスト2018/6/20 【セルジオ越後】番狂わせでもなんでもない。この日のコロンビアなら勝って当然だ

 

騒ぐだけのにわかファンを量産して儲ける戦略も結構ですけど、サポーターがそんなのばかりじゃ日本サッカー界が発展しません。強くなるには厳しい目も必要です。

例えば、卑怯なシュミレーションには容赦なくブーイングするとか。

 

だから毎日の食事も・・・

 

 

後は他のにわか連中に任せます。

 

そうそう、コロンビア戦の柴崎は素晴らしかった。

彼の視野の広さと精密なパス供給が冴えていました。間違いなくこの試合で株を上げたはずです。

負傷交代したので心配です。どうか次も頼むぜ。

 

 

 

触れば入るスルーパス

 

ZichriniによるPixabayからの画像 

スポンサーリンク  

コメント

タイトルとURLをコピーしました