動物との付き合い方

移動動物園の崇高なる黙示に気付いた話。実は大人向けでもあった。

近所をドライブしていたら、モデルルームの前に人だかりを見つけました。半分は子どもたちです。ガキンチョ共が住宅に喰いつく筈もなく、よく見たら移動動物園が催されていました。 なるほど。まず子どもをおびき寄せてから、本命の若い夫婦と...
vegetarianism

ポール・マッカートニーの菜食主義論に軌道修正のご提案

ポール・マッカートニーは言います。 「もし屠畜場がガラス張りであれば、誰もがベジタリアンになるであろう。」 ポール、本当にそうでしょうか? 私はほぼベジタリアンでありつつ、人間を含めたあらゆる生き物の殺害を...
時事ネタ

骨髄バンク登録を考える際、普段食べてるドナー達を思い出そう

オランダリーグのサッカー選手が骨髄移植手術の為に試合を欠場。チームもそれを肯定的に認めたそうです。 2018/3/20 これもサッカーの力!「骨髄提供」した選手を見て、なんと6,000人がドナー登録 いいニュースです。世の中捨て...
人間の認識について

禅問答(公案)は考えるな、食っちまえ。誰でもわかるように超訳

お坊さんが悟りに至るための修行の一つに「公案こうあん」というスタイルがあります。 いわゆる禅問答ぜんもんどうです。 すごく不思議なシロモノで、意味不明な会話を「禅問答のようだ」と例えたりするんですけど、実はお茶目な横顔も...
動物との付き合い方

馬に優しいムチで叩こう!迷走する競馬界の次のステップについて

2017年より、日本の競馬会では”より痛くないムチ”を使うことにしています。 2016/12/13livedoor NEWS 競馬が「馬に優しいルール」に変更へ!1月から“パッド付ムチ”が義務化 ・・・? 馬に優し...
動物との付き合い方

韓国の犬食文化が嫌いなら一考してほしいこと

冬季オリンピックに湧く平昌では羽生選手がまたも金メダル! 彼のすごさは競技に留まらずインタビューの受け答えまで秀逸です。 それでいて良い意味であどけないルックスなんだから最強です。熱狂的な寵愛を受けるのも頷けます。 ...
動物との付き合い方

これからは競馬場で馬刺しを売っちゃいなよ。馬だけを愛する前に

競馬界が抱える引退馬問題への処方箋は、「馬刺しを競馬場で売ること」である。 という主張をします。 先日、府中の競馬場に遊びに行きました。 競走馬は独特の気品を放っています。フォルムも美しい。 「人間が...
人間の認識について

骨噛みの神聖さを一瞬で理解できる方法。

骨噛みホネハミってご存知でしょうか? 火葬の後に遺骨を少しだけ食べて、亡き故人と一体になるという情熱的な弔いスタイルです。最近の若者は知らないだろう?ってニュースになってます。 2018/2/11 LBB TODAY 料理愛好家...
未分類

焼肉は人を元気にする魔法がある。その魔法を解除する方法もある。

(´▽`) 「わかるー♡」 (´▽`) 「うんうん♡」 (´▽`) 「おいしー♡」 ...
人間の認識について

禁止されゆく闘鶏は残酷?食べてもいいけど喧嘩させてはダメな不条理

バンコクで本場の闘鶏を見ました。 闘鶏は残酷だから違法にしよう!という世界中で高まっています。 しかし筆者は違和感を感じます。なぜなら、、 ・軍鶏の一生は、普段食べているブロイラーよりも、明らかに恵...
タイトルとURLをコピーしました