人間の認識について

選挙カーの「原発の無い命を大切にする社会を~」は意外と深イイ。

「命を大切にする」という言葉を時折耳にします。 でも意味がわからないのは私だけでしょうか?抽象的な言葉で煙に巻かないで欲しいと感じませんか?そんな折に面白い出来事を経験しました。 しばらく前に私の住む町で選挙がありました...
食文化について

お寿司の代用魚は嫌い?どうせわかりゃしないよ見栄を張るな。

いわゆる代用魚とは、不誠実なシロモノなのでしょうか? 代用魚とは、お寿司の名前をトロとしながらも、味や見た目の似たマグロ以外の魚を使うことです。消費者は食べても違いが分からず、情報で判断するしかないとすれば、食べる側にとっての問題は思...
食の思い込み

生命は不可算名詞であることを、ハンバーガーを使って説明する。

マックでハンバーガーを買ってきました。 こいつをテーマに、生命はどう数えるべきかを考えます。 さて、この写真にハンバーガーは何個映っていると思いますか? そうですね。1つです...
時事ネタ

実は大人への皮肉である「もしもシャケの切り身が泳いでいたら?」

近頃の子供達は、海には切り身が泳いでいると思ってるそうです。 KIRI〇ちゃんのせいでしょうか。 子どもたちのリアクションも可愛らしいです。 この取り組みは絵的なシュールさも手伝って、多くの人に驚きを与えま...
食文化について

人生変えたきゃゴキブリを食べよう!食のタブーを超えた先の安堵感

いわゆる食のタブーの本質とはなんでしょうか? 犬やクジラは食べちゃダメ、でも牛や豚はOKとか。 それって単なる思い込みでは? 以前ゴキブリの唐揚げを食べる機会がありました。その経験をもとに、 「食のタブーは単...
動物との付き合い方

動物との関係が見直される時代に、肉食系の私たちが理解を迫られること

普段食べている「肉」は、かつて生きとし生けるものでした。 同時に、全ての生きとし生けるものは、「肉」でもあります。愛しいペットも、薄汚いドブネズミも、あなたも私も、何もかもがそうです。 では、その境界線は一体どこにあるのでしょう...
タイトルとURLをコピーしました